ENTRY

ウエディング情報事業部

ウエディングコンシェルジュ
2016年 入社

新郎新婦様の
頼れるパートナーに。
ウエディングコンシェルジュが
私の天職。

CAREER
2014年 ブライダル業界に入社。
新規で来館するお客様へのセールス担当、プランナー業務を担う。
2016年 マイナビ入社。ウエディング情報事業部へ配属。
銀座、大宮、新宿のサロンでウエディングコンシェルジュ業務を行う。
2019年 新宿店リーダーに昇格。

転職理由について教えてください

「人生最高の日を創りたい」という想いから、私は新卒でウエディングプランナーの仕事を選びました。ご契約までの新規セールス、打合せ、挙式当日の運営まで、約1年間をかけて創りあげる仕事に心から誇りを持っていました。しかし、次第にセールスの比重が高まるなかで、「契約をもらうことが自分にとって一番やりたいことなのか」、「1つの式場に属さず、お客様の意向に沿った幅広い提案がしたい」と思うようになりました。悩みぬいた結果、当初から目標にしていた「新人賞を獲り、成果を認めてもらうこと」を達成したことで区切りを付ける決意をしました。
また、当時はマイナビウエディングからも新郎新婦様をご紹介いただいていたのですが、マッチング担当のコンシェルジュからの申し送りシートは、とてもきめ細やかで、セールスする私たちの成約率も非常に高いものでした。そして新郎新婦様からの信頼も厚く、満足度の高いマイナビの仕事ぶりにいつしか憧れを抱くように。また、マイナビのコンシェルジュのほとんどがプランナー出身だと聞いており、次の居場所は「ここしかない!」と、迷わずマイナビを受けることを決めました。

現在の仕事内容と、印象に残った経験を
教えてください。

ウエディングコンシェルジュは、結婚することが決まったカップルへ向けた情報提供サービスを行っています。お客様と結婚式場の仲介役となり、提携する600件以上の式場の中から、お客様にとって最高の式場探しをお手伝いしています。1組あたり2時間程度、じっくり時間をかけて、「どんな結婚式にしたいか」、「どんな雰囲気が好きか」など、ご要望を伺い、ぴったりの式場をご提案していきます。
お客様には基本的に1度しかお目にかからないのですが、式場が決定した後も、「この見積もりについて相談させて欲しい」といった各式場に属するプランナーさんには聞きにくいようなお悩みや、困り事を伺い、施行当日までサポートしています。
嬉しいのは後日、挙式当日の写真を送ってくださるお客様や、ハネムーンのお土産を持って来店してくださるお客様が非常に多いことです。「施行当日まで相談できて本当に心強かった」と喜んでいただけるのは大きなやりがいですね。
私はプランナー時代から、新郎新婦様が困った時に頼れる存在になりたい一心で努力してきました。マイナビでのコンシェルジュはまさに私にとって天職。今はそのことを心から実感できているので、次の目標としたいのは、後輩に憧れてもらえるようなコンシェルジュのロールモデルになることですね。

職場の魅力を教えてください。

経験を活かして

サロンのコンシェルジュは半数以上がプランナー経験者です。結婚式当日の臨場感や参加される方の笑顔を知っているからこそ、具体的なイメージを膨らませられるようなご案内や、お客様自身では知り得ない情報提供ができていると思います。
また、経験豊富な先輩が多いため、うまくご提案ができなかった時には先輩の成功例をよく参考にしています。先輩方に相談を重ね、あらゆるパターンを想定したロープレを繰り返したり、過去の事例情報を確認し、勉強する努力をしたりしました。結果、自信を持って、お客様に気持ちを込めたご案内ができるようになったので、先輩方には本当に感謝しています。
マイナビウエディングというサービス自体は、マーケットシェアをこれから伸ばしていこうとしている事業ですが、クライアントである式場様からは、「送客された新郎新婦様は契約が決まるケースが多い」と、高い評価をいただいています。これは、結婚式が大好きな人たちが集い、お客様のために真剣に向き合ってきた私たちの強みであり、誇りですね。

ワークライフバランス

前職では、どうしてもお客様のご予定を優先してしまうため、なかなか思うようにお休みを取ることができませんでした。また、1人でたくさんの業務を担っていたため、徐々に疲労も溜まりがちに。「もっとプライベートを充実させたい!」と感じていたことも転職のひとつの理由でした。
私たちの場合、勤務体系はシフト制ですが、しっかりお休みが取れています。休みの間は、自分の担当している業務に関して、他のスタッフが協力して対応してくれるため、お客様にご迷惑をおかけすることもなく、安心して休めています。私も入社以来、毎年9連休をとって大好きな海外旅行を楽しんでいます。
また普段からお互いに手が空いていたら、仕事を手伝う意識が根付いており、効率良く働けているので、残業もほとんどありません。妊娠・出産・育児休暇後のサポートがあるため、ワーキングマザーも時間を調整しながら働いています。営業に来られる式場の方に「マイナビはメンバーが変わらず、ずっと担当してくれているね」とよく言われますが、比較的定着率が高いことが背景にあるからだと思います。

醍醐味はチームの一体感

私たちの仕事はサロンでの接客業務だけではなく、SNSの運用やイベント運営など色々なセクションで働くスタッフによって成り立っています。また、式場のプランナーさんが営業周りの一貫でご挨拶に来られた際には、日々情報交換を行っていますが、一方で式場様は「マイナビウエディング」のサイトにご掲載を頂いているクライアントでもあります。「新郎新婦様の生の声」を直接、式場様側にお伝えできる立場にいるのが私たちですので、マイナビの営業担当に同行することもあります。
一方で、やりがいある仕事ではあるものの、婚礼ビジネスとしての利益も追及していかなければなりません。チームで努力した結果、営業担当と共に目標を達成し、ご褒美としてチームで行った懸賞旅行は本当に嬉しくて楽しくて。成果に対して、正当に評価してもらえたことは、ウエディング事業部全員の大きなモチベーションになりました。今は「また受賞できるように頑張ろう!」が私たちの合言葉。高い意識を持ったこの一体感が私は大好きですね。

SCHEDULE
11:30 出社/メールチェック。平日は遅めシフトでゆっくり出勤。
出社後すぐにメールチェックを行い、その日の段取りを行います。
13:00 お客さま対応。結婚が決まったばかりの新郎新婦へ式場のご提案。
楽しくお話をしながら方向性をかためていきます。(平日は1組、土日は最大3組に対応します)
15:00 お客さまをお見送り。
約2時間の接客後、ご見学へ進まれる式場への申し送り事項の共有や事務処理をします。
16:00 休憩。少し遅めのお昼を食べたり、音楽を聴いたり。
基本的にはオフィスで少しリラックスします。
17:00 クライアント打合せ・事務作業。
今月のブライダルフェア情報やプランをお持ちいただいた式場のプランナーさんと打ち合わせ。
「最近はこんな結婚式のスタイルが人気!」など最新の情報を仕入れます。
22:00 帰宅。スタッフ同士で誘い合って、ご飯を食べてから帰ることも。

 

※掲載情報は取材当時の情報です。

関連職種
紹介事業本部
キャリアアドバイザー
2015年入社
新卒紹介事業部
キャリアアドバイザー
2016年入社
INTERVIEW INDEX