ENTRY

IT戦略事業部

Webディレクター
2013年 入社

マイナビトラベルの
開発を担当。
サイトを大きく
育てていくのが使命。

CAREER
2009年 新卒でWeb制作会社へ入社。企業のコーポレートサイト制作の進行業務。
2013年 マイナビ入社。トラベル情報事業部へ配属。マイナビトラベルのサイト開発。
2018年 IT戦略事業部に異動。引き続きマイナビトラベルのサイト改善・機能開発を担当。

転職理由について教えてください

新卒の就職活動では「マイナビ」、転職を考えたときは「マイナビ転職」、普段の生活でも「マイナビニュース」や「マイナビウーマン」を利用しており、考えてみたら、私にとってマイナビは身近な存在でした。
前職はWeb制作会社でWebディレクターとして、主にコーポレートサイト制作の進行管理をしていました。様々な企業サイトを手がけていても、完成してしまえばそれで終わりです。「自分でサービスを作り、育ててみたい」と転職を考えていたところ、出会ったのがマイナビです。自分も知っているサービスであること、さまざまなメディアを運営している会社であることが、自身が思い描く転職軸にピッタリでした。また、多様な事業を通じて、ユーザーの人生をトータル的にサポートができる会社という点も大きな魅力でした。これから新たに宿泊予約サービスとして旅行業界にも参入するタイミングと知り、その新規事業にぜひ携わってみたいと思い、転職を決めました。

現在の仕事内容と、印象に残った経験を
教えてください。

 

私の担当は大きく3点。マイナビトラベルのサイト設計、機能開発、集客のためのSEO施策に携わっています。サイト設計では、マイナビトラベルに訪れたユーザーが使いやすいよう導線やページ構成を考えます。時にはデザインやコーディングなど実際に手を動かすこともあります。システム開発自体は外部の開発会社へ依頼しているため、私の役割としては機能の要件定義と開発会社のコントロールです。SEOは専門のコンサルティング会社と一緒に施策の検討・実施を行っています。
現在私が所属するIT戦略事業部は、2018年の春に新設された事業部で、各メディアの開発チームが集います。業務自体は従来と同じ、マイナビトラベルの運用や開発ですが、そこで新たにメディアを横断してサービス改善を行うプロジェクトも生まれています。そのひとつとして、マイナビトラベルのUXを改善するプロジェクトが進行中です。大きな競合の多い旅行業界で、マイナビは後発参入のため、なかなか結果を出すのが難しいところ。売上に瞬発性のある広告やクーポン施策だけではなく、ユーザーが使いたくなるサービス作りが重要です。私も担当者としてプロジェクトに参加し、ユーザー数、予約数を更に伸ばしていくことを使命として取り組んでいます。

職場の魅力を教えてください。

ゼロイチを経験

マイナビの企業規模で新規事業に携われるということは、私にとって貴重なチャンスでした。外部システムとの連携も多く、規模の大きなサービスサイトの新規構築は、なかなかできない経験だと思います。どういったステークホルダーが関わり、どういったシステム・サービスが連携されているのか、既存のサービスではあまり分かり得ないことも把握できました。
マイナビトラベルの開発は、マーケティング、旅行業界でのSE経験者など、専門スキルを持つ少数精鋭のチームがゼロから作り上げていきました。前職が完全分業制であったこともあり、転職するまでは進行管理業務に従事することがほとんどでしたが、幅広い業務に対応するため、コーディングもデザインも新たに勉強しながら、想像以上のスキルアップができたと思います。
オープン2周年を迎えたばかりのマイナビトラベルは、成果もまだまだこれからですが、自社メディアを手がけることはやはり大きな魅力。多くの方に「マイナビトラベルを使いたい」と思ってもらえるよう大切に育てていきたいです。

経験を活かして

サイト構築にあたっては、前職経験が非常に活かせました。得意だったデザインやフロントエンド制作周りの進行、Web制作会社や開発会社との調整は難しい部分もありましたが、相手を先回りした情報提供やスケジュール管理ができて、スムーズに進められたと思います。また、自分に足りていなかったサーバサイドやインフラのシステム知識は専門のメンバーがいたため、とても勉強になりました。
サイトの設計やデザインについては、自分が中心となり進めました。大きな方針自体はもちろん事業部で決めますが、進行の仕方や細かなデザイン部分は、ある程度任されていました。不安な点は上長もフォローしてくれる環境で、大きな問題なくリリースできましたし、宿泊施設の方から「管理画面が使いやすい」との言葉をいただいたときは嬉しかったです。フロント周りの設計開発なら、また新規事業をやると言われれば自信を持って担当できます。

裁量権の大きさが魅力

IT戦略事業部のメンバーはみんな本当に勉強家で、意欲的です。事業部内のコミュニケーションツールとしてSlackで情報交換していますが、SEOやUXデザインなどのニュースやイベント情報の共有、意見交換も盛んです。技術職の方は、やはり私がそうだったように、技術を磨きたい、UX、CXを向上させたいといった思いを持っている人が多いと思います。それを積極的に勉強し、知識やノウハウを共有し合う環境は、経験値を更に上げてくれる職場になっていると感じます。
進行中のUX改善プロジェクトも、ウーマン事業や学生の窓口事業など、他のメディアの担当者も参加し、さまざまな意見をもらって進めているところですが、カタチになっていく改善の道筋が見えてきたことが今はとても楽しみです。

SCHEDULE
08:45 出社/メール・Slackチェック 出社後すぐにメールとSlackのチェックを行い、前日に予定したタスクに着手します。
10:00 サイトの更新/開発案件の進行 ちょっとしたページの更新や、現在進めている開発案件の進行(開発会社のコントロール、スケジュール管理)を行います。
13:00 昼食 気分転換も兼ねて外で昼食をとることが多いです。
15:00 社内会議 UX改善プロジェクトとして、サイトをよりよくするため、サイト改善やユーザーへのアプローチ方法を検討します。
18:00 翌日の業務整理 翌日出社してすぐにタスクに取り掛かれるよう、何の業務から着手するかあらかじめ決めておきます。
19:00 退社 大抵はまっすぐ家に帰ります。電車の中ではPinterestでデザインインプットを行うことが多いです。

※掲載情報は取材当時の情報です。

関連職種
システム統括本部
エンジニア
2016年入社
紹介事業本部
キャリアアドバイザー
2015年入社
アルバイト情報事業本部
メディア推進
2013年入社
INTERVIEW INDEX