ENTRY

就職情報事業本部

営業
2015年 入社

大きな裁量と
多彩な商材を武器に、
緻密に、貪欲に、
お客様に伴走する。

CAREER
2013年 携帯電話やインターネットサービス等を軸とした通信事業会社に新卒入社
2015年 マイナビ入社 就職情報事業本部に配属 本社勤務
2019年 課長に昇進

転職理由について教えてください

新卒で入社したのは大手通信キャリア。法人営業に携わる中で営業の楽しさは感じていましたが3年目で転職を決めました。転職活動の軸としたのは、人と深く関われる仕事をしたいという思い。前職でさまざまな業界・業種の企業と関わる中で「人をつくるのも人。お金をつくるのも人。モノをつくるのも人」と感じたことから、人にフォーカスしたサービスに興味を持ち、人材業界に的を絞りました。 会社を選ぶにあたって人材サービス業界のトップの企業に入るより、ナンバー2、ナンバー3から上を目指す方が面白そう、自分に合っていると感じ、成長性や勢いのあるマイナビを選びました。

現在の仕事内容と、印象に残った経験を
教えてください。

 

就職情報事業本部は新卒向けサイト『マイナビ』を中心に展開しています。しかし、私たち営業が提案する商材は『マイナビ』だけではありません。たとえば合同説明会などのイベントへの出展、採用ホームページ・PR動画・会社案内パンフレットなどの制作、インターンシップの企画・運営、採用管理システムやデータベース、内定者研修など、多彩なサービスを通じてお客様の採用活動に貢献できる点がやりがいです。また企業にとっての採用は経営にも関わります。採用ができなかった際には企業経営にも影響が出るため、採用を成功させることは勿論ですが、逆に失敗をしないことを考えることの方が非常に重要です。
私たちは2年先、5年先、10年先を見据えて、多種多様なサービスを駆使したプランを練り、年間を通じて採用活動に深く関わりながら伴走します。『マイナビ』掲載からスタートしたお客様と関係を深めていき、3年間かけて取引を40倍にまで拡大できたこともあります。「マイナビというより、大石さんから買いたい」と言ってもらえる関係を築けたのが嬉しかったですね。さらに、提案した新しい採用手法や施策が成功したことで、人事担当者の方が社長に評価された話を伺った際はお役に立てた喜びを実感できたこともありました。

職場の魅力を教えてください。

圧倒的な成長

実は初めの2年間はくすぶっていました。入社当初の「なんとかなるだろう」という甘い考えが打ち砕かれ、結果を出せない状態が続いていたのです。上司にズバリ指摘されたのが「そもそも目線が低く、考え方が甘い」でした。自分と向き合い直し、またお客様1人ひとりの立場を深く理解し、「この人だったら、どうしてほしいだろう?」と緻密に考えることを心がけるようになってはじめて安定して結果を出せるようになりました。
そこに至るまでに「辞めたい」と思ったことも正直あります。しかし、先輩に相談したり同期たちに本音をぶつけることで、「やり切ろう」と前向きな気持ちで乗り越えることができました。上下関係や横のつながりといった人間関係に恵まれているのも、入社してわかったマイナビの良さです。今まで「人」で悩んだことは一度もありません。

裁量権の大きさが魅力

マイナビには幅広いサービスがあり、それぞれに専門のチームがあります。しかし、窓口となるのは1人の営業。最初から最後まで一気通貫で担当できる体制は、お客様にとって便利で安心ですし、営業にとってのやりがいにもつながっています。営業とフォロー担当を分業化している同業他社もありますが、マイナビでは1人の営業が30社程度のお客様を担当し、年間を通じた採用活動に深く寄り添います。
早い時期からお客様を1人で担当し、大きな裁量を任されるのが、マイナビならではの魅力です。当社では自分のやり方で責任をもってお客様に向き合えますし、その分自分次第で圧倒的な成長ができる環境もあります。お客様にもよく言われるのですが、マイナビの強みは媒体力だけでなく良い意味で「泥臭い」営業にあります。1人ひとりが裁量権をフルに活かして、お客様に少しでも貢献できるよう貪欲に結果を追求する姿勢こそが強みだと思います。

夢の表彰台へ

入社2年目までは賞とは無縁でしたが、結果の出始めた3年目からは全社顕彰でコンスタントに表彰されるようになりました。まだまだ「売れている」なんて思ってはいませんが、直近では2020年9月に「マネージャー賞金賞」のうち「準最優秀マネージャー賞」を獲得。頑張りをきちんと見ていてくれる人がいて、頑張った分だけ表彰や賞与でしっかり評価されるのは、営業として何よりの醍醐味です。
2019年には課長に昇格。5人のチームで初のマネジメントに挑戦しています。自分にとっては当たり前のことでも、まだうまくできないメンバーもいます。それでも着実に成長していく姿を見られます。1人で表彰されるより、チームのメンバーが表彰されるほうが何倍も嬉しいですね。ついつい欠点が目につきがちですが、1人ひとりのメンバーの長所を伸ばして、もっと強いチームを目指します。そして、次の課長を育て、私自身はさらに上のステップで自分の幅を広げていきたいです。

SCHEDULE
09:00 出社/メールチェック 出社後すぐにメールチェックを行い、当日のタスクや段取り確認
11:00 クライアント訪問 取引クライアントと情報提供や今後に向けた提案活動
12:00 昼食 カフェでコーヒー飲みながら息抜き
13:00 クライアント訪問 部下と新規クライアントにニーズや課題に沿った営業
15:00 クライアント訪問 部下の既存クライアント同行
17:00 帰社/資料作成 上司や他部署の方々に案件相談を行いつつ、部下からの案件相談。明日の準備と見積書や資料を作成
20:00 退社

 

※掲載情報は取材当時の情報です。

関連職種
紹介事業本部
営業
2019年入社
転職情報事業本部
営業
2013年入社
メディカル情報事業部
営業
2018年入社
INTERVIEW INDEX