ENTRY

アルバイト情報事業本部

営業
2015年 入社

採用側での経験を強みに、
いち早くお客様ニーズを知り、
深く寄り添う提案営業。

CAREER
2012年 マイナビへ新卒入社
アルバイト事業本部の営業職として竹橋本社で勤務
2014年 アパレル企業に入社
新卒採用に携わる人事職として従事
2015年 マイナビへ再入社
アルバイト事業本部の営業職として大阪支社で勤務
2016年 キャリア新人賞 金賞を受賞
2018年 大手企業を担当する総合企画部へ異動
また同年、課長へと昇進
2020年 9月に竹橋本社へ異動。現在に至る

転職理由について教えてください

実は2012年に新卒でマイナビへ入社し、今と同じアルバイト事業部の営業職として竹橋で働いていました。数字を上げて、評価されて、お金も稼ぎたい。当時はそう考えていたので、まったく商材には興味なしというのが正直なところ。頭抜けてはいなかったものの、数字的にはまぁ評価される存在だったと思います。
そんな中、様々なお客様と接する中で“採用側の仕事”に興味を持つようになり、さらに当時は仕事をやりきったと感じていたこともあってマイナビを退職し、アパレルメーカーの人事職へ転職しました。会社が変われば何もかもが変わる。そういった意味で楽しさを感じながら、物事や仕事の進め方、採用のイロハを本質的に学んでいけました。
ただ同世代が少なく刺激が少なかったこと、転職してみて改めて営業がやりたいと気づけたことから、まだ繋がりを残していたマイナビへ改めて入社することを決意。私が経験した人事側の目線を活かし、思ったことを次々と実行していける風土に、今度は期待しかありませんでしたね。

現在の仕事内容と、印象に残った経験を
教えてください。

 

『マイナビバイト』は、アルバイト、パート、派遣といった非正規労働が中心の求人サイト。ご掲載いただくお客様は個人から大手まで幅広く、さらに業界も業種も様々です。そうしたお客様を自ら開拓し、抱える人材ニーズに関する期待を超えた提案を行い、人材の確保へ結びつけていくのが私たちの仕事です。
ただコロナ禍に突入し仕事のスタイルは激変しました。現在は突入直後とは違い、ちょっとずつ戻ってきた実感はありますが、これまでには行なっていなかったWebを活用することが営業手法の中心に。またお客様各社も業界の動きに関する情報を求めるようになったので、データの収集や資料を作成し、今後の動きを一緒に考えていくような、コンサルタント的な部分まで深く関われるようになりました。
こうした現状を踏まえて実感しているのは、確かにピンチではあったけど、これまで気づかなかった営業として“売る”以外の部分の重要性を痛感できたことは、私自身のこれからに大きな糧となっていくと思いますね。

職場の魅力を教えてください。

醍醐味はチームの一体感

コロナ禍以前は活発に動き回り、数字へ結びつけていく活気あるチームという印象でした。だから正直、一人ひとりに深くまで入り込めていなかったのかもしれません。コロナ禍に突入した当初はテレワークとなり、普段顔を合わせていたメンバーと直接会えなくなりました。そこで私だけでなくみんなが変われたと思います。営業だから数字を追いかけることが正義で、他は知らないというのではなく、正社員として働くありがたみと意識をしっかり持ち、些細なことでもWeb会議などを通じて共有することが当たり前になりました。コロナ禍以前にやりたくても、なかなかできなかったことです。
またマネージャーとして実感するのは、メンバーが相談してくる内容そのものが、考えた上で行われるようになったこと。それぞれがしっかり考え、お客様だけでなくメンバーをも思いやる。こうしたチームとしての力が一段も二段も上に、高まったことを実感しています。

ゼロイチを経験

今まで通りの営業ができないからと停滞するのではなく、じゃあこの状況をどうやって打破していくかにフォーカスしてみんなで歩み続けている事業部です。
まず考えたのは、同じように苦しんでいるお客様へ向けて専門性の高い情報を提供していくこと。それまで資料作りは別部署に任せてしまっていたのですが、実際に私自身で取り組むようになると、前職の採用経験と照らし合わせながら見えてくるものが多くありました。そうした資料と合わせていろいろと情報共有させていただくようになったので、ある意味ではコロナ禍以前よりも関係性が深まったお客様が多くなったのかもしれません。
またWebによる部内の勉強会も多く開催され、エリアのこと、業界全体の流れのことなど、様々なことを学べる機会が多くなりました。こうした今までにやることの無かった取り組みをみんなで考え、実行していく経験を積めたことは、将来振り返った時にきっと大きな財産となっているのではないでしょうか。

圧倒的な成長

マイナビへ再入社した当時、一回り成長した自分が何を実現していけるかが本当に楽しみでした。採用側を経験したことで、お客様が欲しい情報の種類やスケジュール感をいち早く察知できるようになり、初月で100万円の売上を立てることができたのは大きな自信に繋がりました。その結果、新卒入社した当時には縁の無かった全社表彰でキャリア新人賞を受賞でき、その後も大手を担当する総合企画部への異動、課長昇格、本社への異動など、スピード感を持ってキャリアを高められて来ました。
そのタイミングでのコロナ禍ですが、これまで以上にお客様への感謝の気持ちや仲間と団結して行動する重要性に気づけたことは大きな財産。常に情報を収集することや学ぶ重要性をメンバーに説いていましたが、それをメンバーも当たり前に取り組むようになりつつあることが嬉しいですね。実は2020年の全社表彰でチーム賞として表彰されたんです。今までと同じ手法では取り組めなかったこの期間においても、一人ひとりが成長しながら歩み続けてこられたことの確かな証。私自身が遂げてきた成長を、今度はメンバーにも遂げてもらうことがこれからの役割だと強く実感しています。

SCHEDULE
09:00 出社してメール確認、前日の対応の確認
09:30 メンバーとの打ち合わせ ※商談内容、提案プランに関して
10:00 週次レポートの作成と送付
11:30 メンバーとの打ち合わせ ※商談内容、提案プランに関して
12:30 ランチ
13:30 部内のマネージャー会議
14:30 アポイント商談
18:00 アポイント内容を再度まとめて、クライアントに提案内容を送付
19:30 メンバーとの打ち合わせ、相談

 

※掲載情報は取材当時の情報です。

関連職種
転職情報事業本部
営業
2013年入社
教育研修事業部
営業
2017年入社
INTERVIEW INDEX