ENTRY

学生の窓口事業部

事業推進
2015年 入社

自ら提案、実行し、
仕事を創る。
転職後もさらなる
成長を実現。

CAREER
2007年 財務コンサルティング会社の営業を経て、IT系ベンチャー企業に入社。
オフショア開発の受託開発営業および、SEO事業、検索エンジンのロジック解析・施策の責任者として従事。
2010年 Web制作会社。自動車ディーラー向けのASP等の企画、開発、営業促進等を担当。
2015年 マイナビ入社

転職理由について教えてください

新卒で入社した1社目は変化の少ない事業内容に物足りなさを感じ、2社目に飛び込んだのは誕生したばかりのITベンチャーでした。商材も仕事も自分で生み出さなければならない環境は厳しくも、とても成長できました。3社目ではBtoBの新規サービスの開発を経験しました。どの職場もそれぞれにやりがいがあったのですが、30歳を超え、スキルと経験を活かし、より難易度の高い仕事に携わりたいと思い、転職活動をすることにしました。マイナビを選んだのは、BtoC(BtoBtoC)の事業会社で働いてみたいと思ったことと、面接で「募集している事業部はサービスの立ち上げ時期で、正直、求められるものはとても大きいよ」と率直に打ち明けられたことも大きな理由です。私は敷かれたレールの上で仕事をするタイプではなかったため、「ここなら自分で考え、仕事を創っていけそうだ」と思い、入社を決めました。

現在の仕事内容と、印象に残った経験を
教えてください。

 

「学生の窓口」というサービスは、「学生」がユーザーで、非常に難易度が高いマーケットに挑戦しています。私は現在、事業推進部門やeコマース部門、メディアのマーケティング部門、編集部門、メディア上の運用型広告などでのマネタイズ、営業など幅広い範囲を担当。ユーザーにどのような情報を届け、どうマネタイズするのかまで考えて実行できる環境であり、その分責任は伴いますが、やりがいのある環境です。さらにクライアントとなる企業を巻き込み、どうビジネスに仕立てていくか。正解は容易に見つからないのかもしれませんが、その部分を深掘りしていく仕事に大きな魅力を感じています。
当社の人材ビジネスに比べると、現在はまだサービスの認知度が高いと言える状況ではないのが事実。しかし近い将来には、学生にとってなくてはならないサービスを創り上げ、ユーザーや社会にインパクトを与えられるサービスに育て上げたい。そして結果として、売上や営業利益という点でも会社に貢献したいと考えています。

職場の魅力を教えてください。

圧倒的な成長

最初は、サービス立ち上げのタイミングにエンジニアとして入社しましたが、その後、メディアのアドテク領域でのマネタイズ、eコマース事業、広告営業と幅広い範囲を任され、大きな成長のチャンスを日々感じています。これまでのキャリアでも「どうすれば上手くいくか」ということを徹底的にやってきていたので、自分にやれることはたくさんありました。ただ、前職までにも同じような経験があったとはいえ、マイナビでは人材や予算など、割けるリソースの規模が最初から全く違います。さらに、「マイナビ」という認知度のあるブランドのなかで実現できることも、自身の圧倒的な成長につながっていると思います。

ゼロイチを経験

私が転職した当時は、学生の窓口事業部は本当にまだビジネスの方向性の大枠しか決まっていないような状況でした。しかも、「学生向けのサービス」という、ビジネスとして成立させることが難しい領域。すべてをゼロから自分たちで創り上げていく必要がありました。そして2カ月後には、「学生の窓口」のメディアと並行して、学生向けのECサイトも立ち上げなければいけないという計画があり、時間がない中で、まずはどうサイトを構築し、予定日までにリリースするかを第一に考えました。領域問わず全てのボトルネックを潰すためにも、当時進んでいたプロジェクトのタスク管理ツールを丸2日ぐらいかけて読み漁ったり、タスクの優先順位付けを行うなど、私のできることは全てやったと思います。その際、やりたいことはどんどん出てくるのですが、この時ばかりは、そのタイミングではやらないことを決めるほうが重要でした。当然、サービスは立ち上げることよりも、その後の改善や運用が大事であることは言うまでもありませんが、スケジュール通りにサービスをリリースできたことは今でも印象に残っています。

醍醐味はチームの一体感

現在の私の仕事は実に多くの人たちと関わって進めていく必要があります。事業部の中だけ見ても、営業やシステムエンジニア、事業推進スタッフ、編集スタッフ、広告制作スタッフ、eコマースや運営スタッフなど、職種も様々です。経理担当やシステム担当など、事業部を超えた連携も欠かせません。それだけのスキルや能力を持った人たちが同じ会社の中にいるということは、新しいチャレンジをする上で心強い環境といえます。
私の所属する学生の窓口事業部は、マイナビの中ではまだまだ小さな事業部です。だからこそ、一人ひとりの仕事が事業部に大きなインパクトを与え、今後の成長に向けてチャレンジすることができます。ユーザーのため、サービスのために役立つことであれば、誰かに命じられるのではなく、自ら提案・実行し、仕事を創れる。そんな自身の存在価値を高められることもマイナビで働く醍醐味だと思います。

SCHEDULE
09:15 出社/メールチェック 出社後すぐにメールチェックを行い、その日の段取りを行います。
09:30 メディアのトラッフィクデータや売上等、各種数値の確認
10:00 複数の社内会議
13:00 クライアント訪問 営業メンバーに同行し、お客様と商談。
14:00 遅めの昼食
15:30 帰社/資料作成
16:00 複数の社内会議
18:00 資料作成
20:00 退社

 

※掲載情報は取材当時の情報です。

関連職種
IT戦略事業部
Webディレクター
2013年入社
アルバイト情報事業本部
メディア推進
2013年入社
INTERVIEW INDEX