ENTRY

メディカル情報事業部

営業
2018年 入社

行動量は裏切らない。
周りの方々のおかげで
社内表彰連続受賞、月間MVP獲得
さらなる成長へ。

CAREER
2018年 株式会社マイナビ入社/メディカル情報事業部 長野支社所属
2019年 新人賞受賞
2020年 竹橋本社 東京営業部 戦略営業課 配属
プレイヤー賞受賞
2021年 月間MVP受賞

入社当初からの仕事内容と、印象に残ったエピソードを教えてください

入社から2年間は長野支社の甲信営業課への配属となり、長野・山梨エリアを担当しました。エリアにおける病院や薬局、ドラッグストア、福祉施設のお客様の採用課題を解決し、採用成功へ導くことが、私のミッション。1社1社、担当するお客様ととことん向き合い、就職サイト・就職セミナー・採用ホームページの作成をはじめとするマイナビのサービスを活用した支援策を提案・実行しました。特に印象に残っているのは、長年新卒採用に苦戦されていた長野県のとある地域の福祉施設を採用成功に導くことができた経験です。お客様に寄り添い、対話を重ねることによって引き出した魅力や強みをマイナビの商材に反映させ、応募者対応や選考フローまで細やかなフォローを続けたことが結果につながりました。「大根田さんのおかげでいい人を採用できたよ」と、とても喜んでくださり、さらに、そのお客さまから同じ地域の別施設もご紹介いただき、おつきあいの輪が広がっていくことで、地域の福祉介護業界の人材不足という問題に貢献することができました。このように、目の前のお客様の採用を成功に導くことが、地域を支える仕事である医療・福祉介護従事者不足という社会問題を解決することにつながるというやりがいを強く実感することができた2年間でした。

本社に異動してからは、どんな役割でどんな経験をしていますか?

入社3年目からは竹橋本社の東京営業部戦略営業課に配属となり、新たなチャレンジが始まりました。大手製薬メーカーやCRO(医薬品の開発業務委託機関)、調剤薬局、ドラッグストア、大学病院など学生からの人気が高い法人の採用を成功へ導くことがミッションに加わりました。支社時代と比較して、クライアントの法人規模が格段に大きくなりました。担当する法人の採用規模も大きく、課題も多岐にわたるため、解決のために必要なマイナビの商材も大幅に広がりました。 異動当初は自分一人でできることがあまりにも少ないことに愕然としました。しかし、竹橋本社にはお客様の多岐にわたる課題に対応できる専門チームがあり、チームで解決にあたることが可能です。上司・先輩にフォローいただきながら周りを巻き込むことで1人では対応できないような難易度の高いお客様の課題も解決できるということを学びました。また、学生への影響力が強いお客様にマイナビの様々なサービスをご活用いただくことで、マイナビのサービスをさらに強くすることにも貢献できたのではないかと思います。結果、異動翌年には月間MVPを受賞することができました。この受賞は自分の力だけでは成し得なかったことで、受賞が決まったときには、支えていただいた方々への感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。と同時にあらためて、自身が先頭に立ち、社内外を巻き込みチームでお客様を課題解決に導くことの大切さを学び、それが今の自分の仕事のベースになっています。

職場の魅力を教えてください。

夢の表彰台へ

成果を正当に評価してもらえ、さらにそれを皆で称えあえるということはマイナビ社のカルチャーであり、魅力であると感じます。私は入社当初から賞受賞を目標としていました。受賞は、お客様の採用成功数を最大化させることができた先にあるものだと考え、新たなお客様を開拓しつくり続けるための行動量を積みあげアプローチを絶やさず、ご契約いただいたお客様の採用を成功させるためのフォローを徹底しました。お客様の仕事や職場の魅力を掘り下げ、求人広告の文言へ反映させるなどの工夫を施し、応募者対応についても必要な改善を提案するなど、広告を掲載して終わりではなく、お客様に寄り添い続けていきました。 いくら行動しても成果に結びつかない時期もありましたが 上司が一緒に私の目標達成に向けてサポートし続けてくれました。行動を止めずにトライ&エラーを繰り返した結果、徐々に成果も上がっていき、目標としていた新人賞を獲得することができました。 私の受賞と共に上司も受賞することができ、お互いの受賞を称えあいました。表彰式で上司や会社の皆さんと喜びを分かち合ったことや、表彰台に立ったときの、そこから見た景色は忘れられません。この経験をしてからは、この達成感を毎年味わいたいという気持ちが私のモチベーションになっています。

裁量権の大きさが魅力

入社早々からお客様を任せてもらい、お客様の採用の責任者を務めさせていただけるという裁量権の大きさはメディカル情報事業部の魅力です。ただし、お客様からすれば私の入社年次などは関係なく、「採用のプロ」としてみられるわけですから、そこには大きな責任が伴います。営業担当の判断がお客様の採用、さらにその法人の将来を左右するからこそ強い責任感と覚悟が必要です。もちろん、判断に迷ったときや悩んだときには、上司や先輩がいつでも相談に応じてくれますが、目の前のお客様を1番知っているのは営業担当である自分自身です。頼るばかりではなく「お客様にとって何が最善なのか」をまずは自分で考え、自分の意志をもって相談するようにしています。上司や先輩も「こうするべき」と一方的に考えを押し付けるのではなく、「大根田はどう考えている?」と私の意志を尊重して相談にのってくださるので、目の前のお客様にとことん寄り添い、「1社1社に向き合う」という自分のスタイルを磨いていくことができています。このように、若くから任せてもらえ、自分の意志をもって仕事を進めていけるからこそ、「必ず最後までやり遂げよう」という気持ちが湧いてきますし、上司や先輩も、個々の意志を尊重しながら最後までやり遂げることを全力でサポートしてくれるので、いつでも果敢に新たな挑戦をすることができているのだと思います。

圧倒的な成長

メディカル情報事業部の営業職である私たちのミッションは、医療・福祉介護領域のお客様を採用成功に導くことです。このミッションを達成することは現在の国としての大きな問題である医療・福祉介護分野の人材問題を解決することに繋がっています。私は、自分自身が商品だと考え、自分だからこその価値をお客様に提供することを大事にしています。マニュアルも正解もない分、難しいこともありますが、目の前のお客様のニーズに寄り添い考え、アウトプットを出し続けることで提案力や課題解決力が鍛えられ、お客様を採用成功に向けて先導していくことで推進力も磨かれます。いつでもスピード感のある対応が求められますが、その期待にこたえ続けることで圧倒的な成長を叶えられるフィールドだと感じています。これからの目標は、営業課長への昇格です。戦略営業課での「チームで成果を出す」という経験を活かし、営業組織のチームの戦略づくりやメンバーの育成にチャレンジしたいと思っています。4年目を迎えた今もまだまだ成長の途上ですが、私が上司や先輩たちに支えられてきたように、次は私が後輩の成長を力強く後押ししていきたいですね。

SCHEDULE
09:00 出社/メールチェック
10:30 アポイント前の事前確認(準備資料や流れの確認)
11:00 アポイント Webツールを使ってお客様と採用戦略について打ち合わせ
12:00 お昼休憩 ランチや弁当を楽しみ、午後に備えます
13:00 アポイント お客様先を訪問し、採用課題をヒアリング
15:00 帰社/新規開拓のテレアポ
16:00 資料作成、翌日以降の訪問準備、メールチェック
19:00 退社

 

※掲載情報は取材当時の情報です。

関連職種
紹介事業本部
営業
2019年入社
転職情報事業本部
営業
2013年入社
INTERVIEW INDEX