ENTRY

転職情報事業本部

営業
2013年 入社

努力が評価され、
挑戦できる
マイナビ。

CAREER
2012年 新卒で福利厚生サービスの代行会社に入社
2013年 マイナビ入社。転職情報事業本部 横浜支社に配属
2014年 転職情報事業本部 東京本社に異動
2015年 課長職に昇進
2016年 新宿営業所 営業所長に着任
2018年 西東京営業所に異動

転職理由について教えてください

前職は、福利厚生サービスの代行企業で営業をしていました。様々なサービスを扱っていましたが、クライアントに提供できる商品が決まっており、型にはまった営業スタイル。それが物足りなく、「もっと自由度の高い営業がしたい」と思ったのが、転職のきっかけでした。マイナビも様々な無形商材を扱う点では共通していましたが、若い人材がチャレンジできる社風と知り、多彩な提案ができるのではないかと期待がありました。前職では営業先のリストなど事務的な業務も多々ありましたが、マイナビは「営業に専念できる」という点も大きな違いでした。とにかく早く結果を出したいという思いが強かった私にとって、この環境はとても有難かったです。早々に初受注することができ、望んでいた提案型営業にやりがいと手応えを感じられ、「転職してよかった」と安心しました。

現在の仕事内容と、印象に残った経験を
教えてください。

 

横浜支社、東京本社、新宿営業所と異動を経験しながら、入社2年目には課長職に昇進。現在は西東京支社で、営業所長を務めています。主に東京23区外および山梨県全域を担当し、営業戦略の立案や売上管理、部下の営業同行などが私の役割です。マイナビは所長に大きな裁量権があります。営業戦略の立案においては、自ら企業経営者の方々が参加する異業種交流会などに積極的に参加して、「マイナビ転職」の認知度向上などにも努めています。
私は確度の高いクライアントに「マイナビだからできるサービス」を提案することにより、マイナビのエース級社員の平均受注率を上回る数字を維持し続けています。例えば、転職メディア独自のサービスに、経験や資格を持つ登録者に絞って情報を提供するオプションがあります。通常より求人の精度が高まることから、クライアントにも非常にアピールしやすいポイントです。提案内容や方法は営業に任されており、自由度が高い。提案力を鍛えれば想像以上の実績を出す営業になれることをマイナビで実感しています。

職場の魅力を教えてください。

経験を活かして

転職メディアを扱って感じた面白さは、人材採用には決まった「型」がないということ。私自身も中途採用ですので、転職活動を行う当事者目線で求人情報を精査したり、提案したりできます。転職経験自体が強みになるのは、「マイナビ転職」の大きな特徴です。だから異業種からの転職者も多く、営業用ツールも充実しているため、未経験でも十分活躍できる可能性があります。ただ、そうした馴染みやすい環境に甘んじることなく、その先どう成長するかは自分次第。私自身は「金子だからこそ決まった」という案件をどんどん増やし、将来的にはマイナビの採用ツールの提案だけにとどまらない、クライアントの売上増にも貢献できるコンサルティング分野に進出するのが目標です。課長職、所長職とステップアップしてきましたが、望めばより大きなフィールドにチャレンジできるのもマイナビの魅力だと思います。

圧倒的な成長

あるクライアントから「3カ月間の広告掲載で40名の営業経験者を採用したい」と相談を受けた時のこと。当時、3カ月で5~10名の採用というご相談は多数ありましたが、40名ともなると通常なら1年以上はかかると、頭が真っ白になったことを今でも覚えています。しかも、かなりタイトなスケジュールでのご提案となり、すぐに取り掛からなければならないのに、何から手を付けていいのかもわからない状況でした。しかし一方で、「根拠のあるしっかりした提案で成功に導くことができれば、自分の大きな自信になる」と奮起。そこで、通常の転職メディアのほか、多彩な商品ラインナップからオプションや中途採用イベントなど、あらゆるサービスを駆使しました。さらに、40名採用するための細かいシミュレーション、選考フロー、説明会コンテンツなどを隅々まで提案して、契約にこぎつけることが出来ました。また、契約後も週1ペースで客先に足を運び、選考フローの見直しなども細かく行った結果、3カ月で無事40名の採用に成功。その企業様のご契約は今も、私の一番の大型契約記録になっています。

異業種からのチャレンジ

前職は福利厚生サービスを扱う企業の営業職。広告に対する知識は全くなかったため、入社当時は不安でした。がむしゃらに営業をする中で、多くの壁にぶつかりながらも、その都度困難をクリアする、というのが私の営業スタイル。そんななかで、わからないこと、自分一人では乗り越えられない壁があれば、いつでも相談に乗ってくれる上司、悩みを打ち明けられる同世代のメンバーがいたからこそ、今までやってこられたのだと思っています。マイナビには尊敬できる先輩や仲間がたくさんいます。異業種からのチャレンジであっても、周囲のアドバイスをしっかり吸収し、アウトプットできれば必ず成功を収められる環境だと実感しています。成長したいという思いが強ければ強いほど、若いうちからチャンスや裁量が与えられるのが、マイナビという会社です。

SCHEDULE
08:45 出社/メールチェック 出社後すぐにメールチェックを行い、その日の段取りを行います。
10:00 クライアント訪問 取引先をまわり、情報収集と提案を行う。
12:00 昼食 グルメアプリでお店をチェック。新規開拓は食に対しても貪欲に行います。
13:00 クライアント訪問 前日に作成した見積もりと提案書を持参し、クライアントと商談。
16:00 帰社/資料作成 帰社後、日報をまとめ、明日の準備と見積書や資料を作成します。
18:00 退社 退社後は同期と週2で飲みに行き、英気を養います。

 

※掲載情報は取材当時の情報です。

関連職種
教育研修事業部
営業
2017年入社
アルバイト情報事業本部
営業
2015年入社
メディカル情報事業部
営業
2017年入社
INTERVIEW INDEX