ENTRY

システム統括本部

エンジニア
2016年 入社

マイナビ社員1万人の
インフラ整備。
その規模感、
スピード感で自身も成長。

CAREER
2008年 独立系システムインテグレータ入社。
SEとして客先に常駐し、システム開発業務を行う。
2016年 マイナビ入社。
社内IT環境の管理業務を主とする「業務システム部 業務システム3課」に配属。
2017年 業務システム開発3課の分割により、ネットワーク部分の業務システム4課に異動。
2018年 大規模な組織改編に伴う3課・4課の統合により、システム基盤部 社内基盤課に異動。

転職理由について教えてください

独立系システムインテグレータでSEとして8年間様々な案件に携わってきましたが、すでに稼動しているインフラの保守やインフラの一部分を構築して終わってしまうことが多かったため、企画~設計~構築~運用(改修)を一気通貫で対応できる環境で達成感を得たいという思いが強くなり、転職を決意しました。
マイナビを転職先に選んだのは、上記の「一気通貫で対応できる環境」であると感じられた点に加え、1万人規模の会社ということから「大きな環境のインフラに関われる」という点、急成長中ということで「スピード感のある現場で仕事をしたい」という点で、よりエンジニアとしても成長できると感じたからです。
また、事業部の使命として「いかに“社員のためになる業務システム”を提供できるか」を一番に取り組んでいると聞き、ユーザーに近い距離で支えていく責任のある重要なポジションだということも前職にはない魅力でした。

現在の仕事内容と、印象に残った経験を
教えてください。

 

社内基盤課は「従業員が業務を効率良く、かつ安全に行えるようにIT環境全般を整備する」ことがミッションです。
課の業務は、ネットワーク・ストレージ・共用基盤の3分野があり、私は主にネットワークの分野を担当しています。
ネットワークの業務は主に、「ネットワークの構築に関する業務」と「ネットワークのセキュリティに関する業務」です。
いずれも、企画~設計~構築~運用・監視・保守の実働やベンダーコントロール、ネットワークのログ分析から課題を抽出してPDCAをまわしていくことなどが主な役割です。
例えばネットワークの構築では、従業員の増加、新たな事業部や支社の立ち上げなど、事業計画に合わせた将来の成長規模を予測した基盤づくりを行っています。ここ数年は、会社規模の拡大が予測を超えることもあり苦労する場面もありますが、この規模感に対して今のようなスピード感はなかなかない経験だろうと捉えて業務に取り組んでいます。

職場の魅力を教えてください。

裁量権の大きさが魅力

前職では、インフラの一部分を指示通りに構築することしかできなかったため、達成感を得難い環境でした。
でもマイナビは、担当する業務について、年齢や入社年数に関係なく一気通貫で対応することが多いため、問題や課題に対して担当者が積極的に提言することができます。
ある事業部からシステム構築を依頼された際、「IT知識のないユーザーのためのシステムなのだから、もっとわかりやすく、優しい仕組みにした方がいい」という私の提案がそのまま認められ、実現することもできました。
また、信頼を得られた業務では、中規模程度のプロジェクトならリーダーも任されています。リーダとしてプロジェクトを進行していると、自社システムということもあり、一層エンドユーザの要望が聞こえてくるので、転職の際に考えていた「ユーザーに近いポジションでシステムの企画や構築をすること」も叶えられています。
直近では、約1万人の従業員が一斉にPC を立ち上げる朝のネットワーク負荷が課題として徐々に顕在化してきたため、通信量の状況を確認しながら、負荷を分散させるなど対策を行っています。対策が効いて安定稼働している状況を見ると、大きなインフラを自分が支えているという醍醐味を感じています。

経営者目線で

私たちは常に、会社の事業計画を理解したうえで、「将来、社内のIT環境に求められそうなことは何か」「どうすれば利用者にとって便利で安全なIT環境を提供できるか」などを考えながら企画・設計を行っています。
また、いつ会社や現場から「こういう新しいシステムが欲しい」と要望されても、そのニーズに素早く対応できる準備や、環境を整えておくことが私たちに求められているため、「経営者目線」に加えて「現場目線」でも考えておかなければなりません。
加えて、「社員にとって使いやすいシステム」を重視して検討する点も、マイナビの特徴だと思います。リスクが大きすぎたり、コストやスケジュールが非現実的な場合は、説明して方針を見直してもらう場面もありますが、現場のニーズに可能な限り寄り添う姿勢は徹底されていると感じます。前職では技術的な話が中心で「技術者目線」だけしか持ってなかったため、新たな視野や知見を広げることができており、とても良い経験となっています。

経験を活かして

社内基盤課では、上流工程の企画や管理の業務がメインですが、前職で培ったインフラ構築や保守の経験が大きな糧となっています。例えば日々発生するトラブルシューティングには、テクニカルな知識が必要となるため、前職での開発現場の経験やインフラ技術も十分活かすことができています。また、マイナビで初めて経験する技術も沢山ありますが、外部研修やセミナーなどに積極的に参加し経験値を補いながら取り組んでいます。
私はネットワークの分野一筋でキャリアを積んできましたが、ネットワークの分野だけでもまだまだやれることは多く、また新しい技術もどんどん出てきているので、専門職としてとてもやりがいを感じています。
今後は大きなプロジェクトを任される人材となり、経営や社員の働き易さなど、会社全体に対して色々な面で良い効果を与えられるような、新しい仕組みづくりにチャレンジしていきたいです。

SCHEDULE
09:00 出社/メールチェック/ネットワーク利用状況確認 出社後、メールの確認を行いその日のタスクを決めます。
また朝は社内ネットワーク利用のピークとなる為、利用状況を確認します。
10:00 ベンダーとのミーティング 案件の進捗状況確認や、作業指示を行います。
12:00 昼食 社内でお弁当を。
13:00 社内ミーティング 案件の情報共有を行い、進め方等を決めます。
16:00 デスク作業 資料作成や事務処理を行います。
20:00 退社

 

※掲載情報は取材当時の情報です。

関連職種
学生の窓口事業部
事業推進
2015年入社
住まい情報事業部
デジタルマーケティング
2016年入社
IT戦略事業部
Webディレクター
2013年入社
INTERVIEW INDEX