VISION

マイナビのビジョン

マイナビを人々の日常の中へ
「当たり前にある存在」を目指して

2011年10月、私たちは「株式会社毎日コミュニケーションズ」から「株式会社マイナビ」に社名変更し、新たなスタートを切りました。
この社名変更の背景のひとつに、「マイナビ」のブランド力の浸透があります。
マイナビに込められた「人生の転機における、私の(=マイ)ナビゲーター(=ナビ)になりたい」という想いが、企業としての社会的アイデンティティーを示す名称として定着。このマイナビの認知度を活用し、新しい社名とともに、私たちはまさに今、さらなる発展を遂げようとしています。

また、この社名変更には、私たちが本来持つ「複合型企業」としての側面のさらなる充実を目指すという意味合いもあります。業界トップクラスのシェアを誇る就職情報や転職情報はもちろん、人材派遣や人材紹介、アルバイト情報などの「人材サービス」をコア事業として位置づけながらも、既存の進学情報や出版事業も拡充。さらに社名変更後の2012年には、「マイナビ賃貸」「マイナビウエディング」を立ち上げ、様々なカテゴリーの情報を扱う「総合情報サービス企業」として、大きな一歩を踏み出しています。

人が自分の未来を切り開こうとしたときに、マイナビを使って情報収集することがスタンダードな世の中。進学、就職、転職、結婚式場探し、転居…。人々の暮らしや様々なシーンの中で、マイナビのサービスが「当たり前の存在」になることが、私たちの目指す方向性であり、理想とする未来であると考えています。