サポート体制

環境・設備、受け入れ体制、定期面談

人によって障がいの状況は異なりますので、
どのような配慮が必要であるかは、選考時あるいは入社時に確認しています。
一人ひとりじっくり話をし、物理的な面から、環境や接し方まで、
それぞれの障がいの内容に応じた配慮を心掛け、
パフォーマンスを発揮しやすい環境を整えるようにします。
また、新入社員が配属される部署に対して、障がいの内容や必要な配慮を説明するなど、
受け入れ部署側の不安解消のための取り組みも行っています。

環境・設備

社内環境

支社によって異なりますが、車椅子勤務になるべく支障が出ないよう、段差を少なくしたバリアフリー化を行っています。また、配線も排除してフラットな床にしています。

設備・その他

音声読み上げソフト

画面拡大ソフト

拡大読書器

チャット

電話対応なし

※上記以外にもブギーボード(電子メモパッド)や電話用ヘッドセットなどが現時点で実績のある配慮項目です。その他必要な配慮がある場合は柔軟に対応いたしますのでご相談ください。

受け入れ体制

社員受け入れ研修

新卒/中途に関わらず、障がいを持つ社員が入社するときには、配属先部署を対象に「受け入れ研修」を行っています。

研修の概要

1部
障がいの種類や特性についての一般的な知識のレクチャー
2部
実際に入社する方の障がいの特性説明や受け入れに際しての不安や疑問を解消するためのディスカッション

もちろん障がいについて周囲のメンバーに知られたくないという場合は配慮しますが、一緒に仕事をするメンバーがきちんとした理解を持っている方が、必要なときに必要な配慮や声掛けができ、お互いに働きやすい職場を作れると考えています。

障がいの有無に関わらず、人にはそれぞれの特性や得手不得手があるもの。他人の感覚を100%理解することは不可能ですが、お互いがお互いを理解しよう、歩み寄ろうと意識することをマイナビグループでは大切にしています。

定期面談

初めての就業経験だったり、前職とのルールの違いに戸惑ったり、ペースを掴めずに苦労したり、仕事の悩みを直属の上司には相談し辛かったりと、仕事をする上ではいろいろな悩みが出てくるもの。そんな不安を少しでも和らげ、スムーズに定着できるよう、マイナビグループでは定期面談を実施しています。
概ね1ヶ月に1回のペースで配属部署とは関係のない採用担当が面談をし、仕事内容や困っていることなど、ざっくばらんにお話しを伺います。通院休暇制度(マイナビパートナーズのみ)などの相談も行っています。必要であれば上司との橋渡しを行うなど、気持ちよく働ける環境作りをバックアップしています。