4月6日(金)~4月20日(金)に「AFC女子アジアカップヨルダン2018」が開催されました。

出場国8カ国中、上位5チームが来年フランスで行われるFIFA女子ワールドカップに出場が出来る本大会、なでしこジャパンは連覇を目指して参加しました。

結果、なでしこジャパンは20日未明のオーストラリアに1-0で勝ち、FIFA女子ワールドカップに出場と共にアジアカップ連覇を果たしました。

 

今回のメンバーにはマイナビベガルタ仙台レディースから市瀬菜々選手が選出されました。

市瀬選手は招集メンバー最年少にもかかわらず、守りの要であるセンターバックにて5試合中4試合に出場し、

決勝戦を始め、ワールドカップの切符がかかる予選リーグ最終戦では海外のFW陣に臆することなく、日本の守備に大いに貢献しました。

※2018年なでしこジャパン全体の招集メンバーには市瀬選手の他、マイナビベガルタ仙台レディースからは櫨まどか選手、万屋美穂選手が招集されています。

 

◆市瀬菜々選手:日本代表紹介ページ◆

http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/member/ichise_nana.html