株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、「ベガルタ仙台レディース」とタイトルパートナーシップを締結したことをご報告いたします。概要は以下の通りです。

 

 

【新チーム名】

マイナビベガルタ仙台レディース

 

【期間】

2017年2月1日~2021年1月31日(4年間)

 

【目的】

◆強 化 :東日本大震災からの復興のシンボルとして、日本一そしてアジア、世界へ羽ばたき、その頂点に立てるようなレディースフットボールクラブを目指す。

      また、2020年の東京オリンピックに出場する、なでしこジャパンに大きく貢献できるチームづくりをする。

◆育 成 :2020年までに、マイナビカップ(2015年にスタートした東北地区のU-15レディースサッカー大会)に海外チームを招聘し、国際大会とする。

      また、大会に出場した選手たちから、レディーストップチームで活躍できる選手を育成する。

◆普 及 :2020年までにできる限り多くのサッカー未経験者の女子にサッカーをする機会を創出し、東北地区における女子サッカーの普及に努める

      指導者養成:2020年までに、レディースチームに所属している 多数の選手に対し、JFA公認C級ライセンスを取得させ、セカンドキャリアとして

      指導者への道をサポートする。

 

【株式会社ベガルタ仙台 代表取締役社長 西川善久様コメント】

Jリーグクラブでレディースチームを保有しているクラブは少ない状況ですが、今回のパートナシップ締結を機に経営面の自立化を図っていきます。チームの体制の強化、トレーニング環境の整備、ファンやサポーターの拡大に向けて努力してまいります。さらなる飛躍を目指すチームに、より一層のご支援、ご声援をお願いいたします。

 

【株式会社マイナビ 代表取締役社長 中川信行コメント】

この度、西川社長の熱い想い、理念をお聞きし、強いチームを作っていきたいという共通の想いから、タイトルパートナー契約を結ばせて頂きました。今後、選手がプレーや練習に集中出来る環境を整え、「マイナビベガルタ仙台レディース」が復興のシンボルとして東北を大いに盛り上げてくれることを期待しています。

 

 

マイナビベガルタ仙台レディ