CROSS TALK

マイナビ社員の1年目。

初めての営業、初めての契約、初めての失敗・・・

2017年4月に入社した4人の若手社員に初めて尽くしの1年目を振り返ってもらいました。

彼ら彼女らが信じられないスピードで成長を続ける理由がわかるかも知れません。

  • マイナビ2020
    D.K
    就職情報事業本部 東京営業統括本部
    東京第2営業統括部 営業4部 営業1課

    企業など法人組織の新卒採用を成功に導くのがミッション。採用のグローバル化、働き方改革、売り手市場など新卒採用を取り巻く環境の変化に応じた、一歩先を行く提案を心掛ける。
    園芸学部園芸学科卒/宮城県出身

  • マイナビバイト
    M.T
    アルバイト情報東京事業部 営業推進部
    中央第1営業所 営業1課

    アルバイトやパートの採用を通じて人手不足を解消し、オフィスや店舗などの円滑な運営をサポート。企業ごとに異なる採用課題を解決し、求人ニーズに応えるためのキメ細かな提案がモットー。
    文学部英文学科卒/北海道出身

  • マイナビ転職
    W.K
    転職情報事業本部 東京第1営業統括部
    文京・板橋・北営業所

    国内最大級の総合転職情報サイト『マイナビ転職』の広告提案を中心に、企業の中途採用を支援。会社の成長につながる中途採用戦略の企画立案に注力している。
    経済学部社会経済学科卒/広島県出身

  • マイナビ保育士
    S.M
    紹介事業本部 第1営業統括本部
    第3営業統括部 保育領域営業部 営業2課

    保育士に特化した人材紹介サービス「マイナビ保育士」を媒介に、保育士(求職者)と保育園(求人企業)のよりよいマッチングを実現することに取り組む。
    人間科学部保育子ども学科卒/静岡県出身

「電話による取引先企業の新規開拓」「1日で150件ほど電話をかけました」「名刺交換と挨拶だけで10秒くらい」「たくさんの宿題を社に持ち帰る」

新入社員研修を終え、初めて対外的に取り組んだ初仕事は何ですか

M.T

電話による取引先企業の新規開拓が初仕事でした。学生時代に一般消費者を対象としたテレアポ(テレフォンアポイントメント)のアルバイト経験があったので、テレアポ自体にあまり抵抗はありませんでした。その後、先輩と一緒にアポが取れた企業を訪ねたのですが、初めて名刺交換する際、名刺を持つ手が震えたことを覚えています。

D.K

就職情報事業部もテレアポから、「一斉テレアポ解禁DAY」と呼ばれる日が初日でした。その日は1日で150件ほど電話をかけました。こんなに電話したのは初めてだったので、達成感はものすごくありました。ただ、アポが取れた社数は少なく、営業は地道な努力の積み重ねであることを思い知らされました。

W.K

転職情報事業部もテレアポからスタートしました。思いのほかすんなりアポが取れたので、しっかり商談準備をして、意気込んで客先を訪ねたのですが、名刺交換と挨拶だけで10秒くらいで終わってしまいました。お客様からは「電話口の声が大きいから、会ってみようと思った」と言われました(笑)。

S.M

紹介事業部も最初はテレアポです。当時は、電話とメールを同時にこなす先輩に驚き、憧れ、真似をしようと必死でした。初めて訪問した保育園では、人材紹介の市場感をうまく伝えられず、会話が発展しないまま時間だけが過ぎ、その場の空気が変な感じになるのをジッと耐えていました。また保育士の登録層や紹介手数料などに関するお客様の質問に戸惑うばかりで、たくさんの宿題を社に持ち帰る結果となりました。

「初めて自分ひとりの力でやりきりました」「不思議な縁で結ばれたお客様」「直接アプローチする仕掛けを提案」「苦労して苦労して手にした初成約」

社会人になって初めて契約を取った時のことを聞かせてください

W.K

初受注は4月下旬だったと思います。建設会社の施工管理の募集で、未経験者OKの案件でした。マイナビ転職の掲載スペースでは一番小さいものでしたが、1名の未経験者を採用することができました。当時(現在もですが)、建設業界は近年希に見る好景気で、猫の手も借りたいという状況でした。まだまだ採用ニーズはあるだろうと考えた私は、6月に入ったある日、土砂降りの日を狙って建設会社の社長宛に電話を入れました。雨なら建設現場は休み=社長は在社しているだろう、との読みからです。提案の内容も経験者採用に絞り、集客力のある商品をお薦めしました。その結果、アポ取りから掲載申込書に社判をもらうまで、初めて自分ひとりの力でやりきりました。自分は学生時代、サッカーをやっていたのですが、契約が決まった瞬間はゴールを決めた時の感覚と同じ。めちゃめちゃ気持ちよかったです。自分の中では、これこそが初受注だと思っています。

M.T

マイナビバイトの東京事業部では、「名刺交換に慣れよう!」ということで毎年5月に半日だけ、1年目の新人による「飛び込み大会」を実施しています。その日、私はアポ無しで50件ほどのお客様を訪問しましたが、初受注はその時話を聞いてくださった銀座の美容クリニックでした。受付の求人ニーズが生じていたところへタイミングよく訪問できたこともあって、訪問の翌日に契約。同期が100名ほどいた東京事業部で一番乗りでした。「自分でも何か売ることができる」「お客様に価値を提供できる」と思ったら、とてもうれしくて。印象に残る商談のひとつです。じつは、この初受注には後日談があって、私の学生時代の親友が偶然にもこの美容クリニックに応募し、いつの間にか働いていたのです。本当に不思議な縁で結ばれたお客様だと思いました。

D.K

初受注は前述の「一斉テレアポ解禁DAY」でアポが取れた企業の中の一社でした。訪問して、よくよく話を伺ってみると、この会社が採用したいのは情報系、電気系の学生のみ。この層はそもそも人数が少なく、サイト掲載をしても応募者を集めることすら難しいターゲットです。そこで私はサイト掲載のみならず、母集団の拡大を目指し、企業側からターゲット層に向けて直接アプローチする仕掛けを提案しました。この具体的な提案が評価され、初受注に至りました。初めて自分の提案を認めてくださった大切なお客様であり、今年で3期目となりますが現在も継続して新卒採用のお手伝いをしています。

S.M

マイナビ保育士では、求人依頼を受けた保育園に保育士をはじめとする求職者を紹介し、両者の間で正式に雇用契約が結ばれることを「成約」と呼びます。私の初成約は5月下旬のことでした。それまで私は“求人が少ない”つまり保育園の数が少なく、そのせいでキャリアを活かせず“困っている求職者がいる”エリアを重点的に架電していました。困難な新規エリアの開拓こそが、結果、成約への近道だと信じていたのです。思っていた通り、新規エリアの保育園から求人依頼を受けると、求職中の保育士さんからすぐに応募がありました。面接後、保育園から内定をいただき、保育士さんも応諾の方向で、マッチングはとんとん拍子に進みました。そこで保育士さんは最終確認ということで、実際に通勤のシミュレーションを行いました。ところが当初の予想を大幅に上回る通勤時間に不安を感じた保育士さんは、内定を辞退すると言い出します。私は保育園と連携し、周囲と相談をしながら、最後まで諦めず粘り強く説得しました。本当に苦労して苦労して手にした初成約でした。

「デスクで大泣き」「天国と地獄を味わいました」「予算面で折り合いがつかず失注」「課長昇進の内示をいただいた」

入社1年目を振り返って、印象に残る成長エピソードをお聞かせください

M.T

1年目の10月にデスクで大泣きしたことがあります。自分の気の緩みから、マイナビバイトの掲載申込書に誤った金額を記入してしまったのです。そして金額の最終確認もしないまま、私はお客様に必要事項を記入してもらい、社判を押してもらいました。そして、社に持ち帰り、契約書を管理する部門へ提出して初めて、間違いに気付いたのです。その日は、掲載申込の締切日。お客様はすでに退社し、連絡が付かない状況。掲載日はずらせませんし、申込書を再提出することもできません。結局、課長や管理部門の皆さんに残業を強いることになってしまいました。ちょっとした気の緩みが、大ごとに発展することを、身をもって知りました。その夜は先輩たちがラーメンをご馳走してくれて、みんなで慰めてくれたので、帰宅する頃にはすっかり元気になっていたことを覚えています(笑)。

S.M

入社して2ヶ月目に、上司と一緒にお客様のところへ謝罪に行きました。前述の、初成約の保育士さんが約1ヶ月で保育園を辞めてしまったからです。紹介事業は、マッチングの成功報酬で成り立っています。ところが、転職者が一定期間内に退職してしまった場合、報酬額がゼロになることがあります。初成約と初早期退職者を出すという、入社2カ月で天国と地獄を味わいました。幸い、人材紹介事業における保育士の市場感をよくご理解いただいているお客様だったので、「1年目のMさんが頑張っている姿をずっと見てきたから大丈夫、次もお願いね」と、励ましのお言葉を頂戴しましたが、改めてマッチングの難しさを体感した出来事でした。

D.K

入社して初めて、海外での新卒現地採用を提案した時の話です。マイナビにはグローバル領域の商材がいくつかあるので、それを新卒採用に活用するメリットについて話をしていたら、お客様も大乗り気。海外市場の人材獲得に目を向けるようになり、採用の舞台はインドへと展開しました。結果的に予算面で折り合いがつかず失注となってしまいましたが、改めてマイナビの価値を見出すことができたという点で、大きな気付きがありました。また、自分の中に新しい引き出しが増えたという点でも印象に残る商談のひとつです。

W.K

私の場合は、課長昇進の内示をいただいたことです。私が所属する転職情報事業部は、早い人で3年目から課長に昇進にします。「だったら」と私は入社早々、「3年目に課長になる」と周囲に公言しました。自らプレッシャーをかけ、それをモチベーションやエネルギーに替えて、日々の営業に取り組みました。おかげで入社した4月から9月まで6カ月連続で毎月の売上予算を達成しました。その営業成績が認められ、昨年9月にはジュニア新人賞の金賞をいただきました。上司からは、「この調子でいくと早ければ2年目のおわりには課長に昇進できそうだよ」というお声がけまでいただいたのです。すると不思議なもので業務に対する意識が変わりました。課長だったらどう考え、どう判断するか。いつの間にか、物事を“課長目線”で捉えようと努力するようになったのです。立場が人を育てるではありませんが、これからも上を目指して頑張りたいと思います。

「ほとんど飲み会で消えました」「両親に有田焼のお洒落なグラスをプレゼント」「先輩課長に負けない成績を残す」「復職してママさん課長(?)に」

初任給、初めてのボーナスの使い途を教えてください

D.K

初任給はほとんど飲み会で消えました。社会人になったのが嬉しくて、学生時代の友人や会社の同期ととにかく飲みました。初めてのボーナス(=夏の賞与)は、勤務して間もないため少額でした。だから、とくに意識することなく生活費になりました。まとまったお金が入るという意味で言えば、初めてのボーナスは冬の賞与ということになりますが、両親へのプレゼントや自分のスーツを購入した覚えがあります。

M.T

私は初任給で両親に有田焼のお洒落なグラスをプレゼントしました。親元を離れてみて、親のありがたみを身をもって感じたので、これまで育ててくれた感謝の気持ちを込めて。夏のボーナスはすみません、何に使ったか本当に覚えていないです。冬は自分へのご褒美に大好きなブランドのバッグを買いました。

W.K

僕も初任給で、広島にいる両親に5万円分の旅行券をプレゼント。夫婦水入らずで、別府の湯に浸かってきたみたいです。初賞与は、やっぱり冬のイメージですね。自分へのご褒美に、お気に入りのブランドの靴を2足と洋服を買いました。

S.M

私も初任給で両親にちょっとしたプレゼントを。あとは、いわゆるOLっぽい洋服を買ったり、学生時代の友人と遊びに出かけたり。冬のボーナスは美容につぎ込んで自分に磨きをかけました(笑)。

「先輩課長に負けない成績を残す」「復職してママさん課長(?)に」「周囲にいい影響を与えられる人間に」「成功に向けてお客様と伴走する」

最後になりますが、今後の目標をお聞かせください

W.K

課長になれば、チームのメンバーの売上予算達成を管理、指導しつつ、プレイヤーとしても自分の数字を追求する立場になります。所詮は1年生課長ですから、入社1年目と同様、自分にプレッシャーをかけつつチャレンジするスタイルは変えません。でも、先輩課長に負けない成績を残すことが目標です。そして、来年9月にプレイヤー最優秀賞を獲得すること。転職情報事業部の営業ナンバーワンの座を狙います。

S.M

笑顔で働くこと。課で目標を達成して顕彰旅行を獲得し、チームのみんなでオーストラリアのゴールドコーストへいくことです。ここからは今後の予定ですが、個人的には結婚して、出産して、育児休暇を取得。マイナビはワークライフバランスを実践できる会社なので、子どもの手がかからなくなったら復職してママさん課長に。欲張りですみません。

M.T

以前、私の仕事ぶりを見ていた先輩から、「自分も頑張らなきゃという気持ちになる」と言われたことがありました。そうした周囲にいい影響を与えられる人間になることが目標です。そしてマイナビバイトをナンバーワンメディアにすること。これらの目標を達成できるよう、これからも競合媒体や同期のライバルたち、そして自分自身に勝ち続けたいと思います。

D.K

1年目であろうと2年目であろうと、お客様にしてみれば「マイナビさん」は目の前にいる営業の私。新卒採用市場で影響力の大きいマイナビを取り扱う私に、お客様はものすごく期待しています。そんなお客様の期待を、自分ひとりで背負うのは大変です。でも、だからこそやりがいがあるし、成長できると思っています。とにかく今は、より多くの採用課題に対して、もっと言うとこれから生じるであろう採用課題に対して自分なりの解を持ち、幅広くお手伝いできるようになること。新卒採用成功に向けてお客様と伴走することが目標です。