ENTRY

会社情報

進学情報事業部

生活情報ビジネス領域

主に大学・短期大学・専門学校の学生募集を支援するビジネスを展開。少子化、進路選択の早期化・多様化等、学校、ユーザーともに変化が激しい環境の中、時代にあった情報提供を提案していく。

商品・サービス

マイナビ進学

学び・仕事の分野などから自分にあった進学先を発見できる進学情報サイト。

進路のミカタ

高校内での進路選択を総合的にサポートする進路のミカタ。紙媒体、Web媒体をはじめ、適性テストやニュースコンテンツ等、高校のさまざまなニーズに対応できるツールを展開。

マイナビ進学ガイド

マイナビ進学ガイドは、業界最大級の発行部数を誇る進学情報誌。高校生の進路選択スケジュールに合わせ、年間を通して発行。

進路のミカタLIVE

学校広報担当者や社会人・職業人との対話を通じて、将来を見据えた進学を考えるキャリアイベント。

面接・志望理由書・小論文教材

今後増えていく面接や小論文等の「表現力」の問われる入試対策ができる教材。基礎知識を学ぶ「書籍」と、実際に書いたものを指導する「添削サービス」がある。

事業部長メッセージ

BUSINESS OUTLINE

■顧客:高校生を募集する大学、短大、専門学校、スクール
■ユーザー:進学を考える高校生、その保護者、教員
上記の両ステークホルダーが高校生の進路選択という局面において、最大限の機会を持てるようなサービスを提供する仕事です。顧客向けには、「マイナビ進学」というポータルサイトを核に、情報誌やイベントといったメディアでの集客拡大、集客したデータベースの最適な運用支援などを行いながら、募集広報のパートナーとして活動しています。
ユーザー向けには、高校での講演などを通してマイナビ進学の利用促進を行いながら、高校生に「進路のその先」を考えてもらい、少しでも進路選択の幅が広げられるよう活動しています。

VISION

2020年の大学入試改革を控え、いま日本の教育は戦後最大の転換点を迎えています。
「何を学ぶか」「何を知っているか」だけではなく、いかに「自発的に学び」、実社会の中でその知識を「活かせるか」を問い、評価する入試へ。少子化が進み、経営が厳しくなっていく学校も多い現状、マーケットの先行きを楽観視はできませんが、変革があるところにチャンスがあることも歴史的な事実です。実際、ここ数年の当事業部は「キャリア教育」「地域支援」を切り口に、マーケットの中での存在感を増しています。大学生のキャリア教育で培ってきた経験、ノウハウ、様々な事業部が繋いできた地域とのネットワーク。それらを活かして、高校生の多様な進路選択を可能にし、それが地域社会、ひいては日本の活力になっていくようなサービスをしっかりと形作っていきたいと思います。

CULTURE

人材系の事業に比べ、非常に限られたマーケットなので、人員も170名程度と小規模な事業部です。
事業部の人数も顧客の数も少ないためか、または取引先が大学職員や高校教員という方々のためか、落ち着いた雰囲気のある事業部ではないかと思っています。
お客様の仕事柄、また高校生の前に立つ仕事も多いことから、ここ数年、社会人経験のある方を積極的に迎えており、2015年以降では中途入社人数が新卒入社を上回っています。
中途入社いただいた方々の前職は驚くほど多様。銀行、損保、自動車メーカー、人材派遣、出版社、広告代理店、旅行代理店、専門学校、アパレル、カーディーラーなど、様々な業界から人材が集まって「マイナビ進学」を盛り立ててくれています。
お客様と伴走しながら、また高校生の進路を応援しながら、キャリアに関わらず、自分たちの力で新しいサービスや企画を生み出していける、そんな事業部です。

PERSONALITY

当事業部に限らず、当社で成果を出している人は「目標に執着する力」が強い、と常々感じています。
どんな状況でも目標達成にこだわる。そのために、様々なことに目配りし、周囲を巻き込み、結果として個人だけではなく、チーム全体のパフォーマンスをも上げていける。結果に対して覚悟を持ち、その過程を楽しめる。そんな風に前向きに仕事に取り組める人と一緒に働きたいと思います。
より密にお客様との関係性を持つことが重要な当事業部の特徴から、「人間関係を大切にできる人かどうか」は特に重要視しています。また、高校生に未来の話をする事業なので、高校生の前で楽しそうな大人でいられる人は大歓迎です。

CAREER

1988年 毎日コミュニケーションズ(現マイナビ)入社
就職情報事業本部の営業として横浜支社に配属
1994年 東京に異動。営業課長として大手タバコメーカーや化学メーカーをメインに担当
2000年 就職情報事業本部の企画推進部門立ち上げ。情報誌からWebサービスへの以降に伴うマーケティング、企画立案、販売戦略策定、販売促進、広報などを手掛ける
2004年 大阪支社に異動。就職情報事業本部の部長を経て、大阪支社長、関西統括を務める
2012年 教育広報事業本部長(現在の進学情報事業部 事業部長)として東京に異動し、現在に至る
※掲載情報は取材当時の情報です。

社員インタビュー

進学情報事業部
営業
2016年入社