来年3月には初の合同企業説明会「マイナビチャレンジドセッション」開催
~ 障がいのある学生へ適切な情報提供と、学生・企業の出会いの場の創出に取り組みます ~

 

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2020年以降に卒業予定の障がいのある学生のための就職情報サイト『マイナビ2020チャレンジド』を、本日12月3日(月)にオープンしました。また、2019年3月5日(火)には、障がいのある学生と企業の出会いの機会を創出する合同企業説明会「マイナビチャレンジドセッション」を初めて開催します。

 

2018年4月より障がい者の法定雇用率が2.2%に引き上げられ、企業の障がい者採用に対する意識が高まっています。一方で、求職者・雇用者ともに業務適性の判別が難しいとされている障がい者雇用では、単に受け入れ人数を多くすることはミスマッチにもつながります。また適性に合わない仕事に就いた場合、就労意欲を高く保つことができず、退職につながる可能性もあります。採用人数と同時に定着率を高めるためにも、求職者一人ひとりの特性を活かした採用をしていくことが必要です。

 

また、障がいのある学生の卒業者数は4,021人(前年比331人増)で、そのうち就職者は2,240人(前年比287人増)です(※1)。弊社の調査では、41%の学生が一般枠と障がい者枠を並行して就職活動を行い、66%の学生が就職情報サイトを使用したことが分かりました(※2)。


※1)平成29年度(2017年度)大学、短期大学及び高等専門学校における障がいのある学生の修学支援に関する実態調査結果報告書(独立行政法人日本学生支援機構)
※2)障がい者の就活実態に関するWEB調査(調査期間:2018年3月7日~4月9日、調査委託先:株式会社ミライロ、 対象:2016年卒~2019年卒の障がいのある方)

 

 

マイナビは総合就職情報サイトとして、障がいの有無に関わらず自分を活かすことができる就業先と出会い、キャリアを形成する機会を提供することを目指します。また、直接学生と企業がコミュニケーションをとることができる場を作ることで、マッチングの精度を高めることに努めます。

 

 

《サービス概要》

①就職情報サイト『マイナビ2020チャレンジド』

オープン現在は、就活に対する不安を解消するための準備コンテンツを掲載。採用情報が公開される2019年3月1日以降は、障がい者コースがある企業や、積極採用している企業を検索することができます。障がい別の雇用実績、どのような配慮があるかといった検索軸も用意しています。文字・画像の大きさや色使いなど、デザイン面での配慮にも努めています。

・URL:https://job.mynavi.jp/conts/2020/tok/challenged/index_v.html

 

②合同企業説明会『マイナビチャレンジドセッション』(初開催)
参加する学生には、障がいの内容や希望する配慮などを記入する「プロフィールシート」を用意。パンフレットに掲載する企業情報にも障がい別の雇用実績や障がいへの配慮などを記載し、学生と企業の相互理解がスムーズに行える仕組みを提供します。さらには、会場内に手話通訳者、要約筆記者や看護師を配置し、通常のイベントよりも通路幅や休憩コーナーを広げるなど、安心して参加できる環境も整えます。
・日程:2019年3月5日(火) 13:00~17:30(予定)
・会場:プリズムホール(東京・水道橋)

 

③『マイナビ2020』会員への就職情報誌『就活準備 完全ガイド 別冊 チャレンジド』
『マイナビ2020』会員のうち「障がい者のための情報提供を希望する」会員にのみ、自宅へ情報誌を発送するとともに、全国の学校のキャリアセンターへも配布予定。就職活動や障がい者採用についての情報だけではなく、障がい者雇用に取り組む企業情報も掲載し、就職活動準備に役立つ情報を提供します。
・発行日:2019年2月16日(土)

 

詳細は順次『マイナビチャレンジド』https://job.mynavi.jp/conts/2020/tok/challenged/index_v.htmlにて公開します