日本を支える町工場と、求職者のマッチングを支援するコンテンツを初めて特集


株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』(https://tenshoku.mynavi.jp)は、日本を支える町工場と、製造業への転職を考える求職者のマッチングをより支援するため、「-製造主義- モノをつくるって、暮らしをつくることなんだ」特集をスタートしました。2018年よりさまざまなテーマで業界特化型の特集を実施していますが、製造業の大型特集は初めての試みとなります。

 

 

 

 

【特集の背景】
日本のものづくりを支える製造業は、この10年で大幅に国際競争力が低下しています(※注1)。低コストで生産ができる新興国や、デジタル化などにより複雑な製造工程を必要としないものづくりが増えたことが要因だと言われています。ですがここ数年、海外生産を行う企業のうち約14%が、国内に生産を戻しており、国内回帰の動きが見え始めました(※注2)。そのため、中小企業をはじめとする9割超の企業が「人材確保に問題がある」と回答し、「ビジネスにも影響が出ている」と答えた企業が3割を超え始め、製造業の人手不足の深刻さが浮き彫りとなってきています(※注3)。
また、大企業に比べ中小企業では「技能人材」の確保を課題とする企業が6割を超えていることがわかりました(※注4) 。
※(注1)日米欧アジア機械産業の国際競争力の現状(日本機械輸出組合)
※(注2)2017年末経済産業省のアンケート調査より
※(注3)2017年末経済産業省のアンケート調査より
※(注4)2018年版ものづくり白書 第2節 人手不足が進む中での生産性向上の実現に向け、「現場力」を再構築する「経営力」の重要性より

 

これらの製造業が抱える課題に向き合うべく、『マイナビ転職』は、製造業で日本を支える町工場と求職者のマッチングをより支援するために、特集をスタートしました。

 

製造業への就職・転職を考えていなかったような若手人材に向けて「地元にこんな仕事があったんだ!」「自分の仕事が、暮らしの中で役立つさまざまなモノと繋がっているんだ!」「自分でも出来るかもしれない!」といった気づきを与えられるような特集ページで「製造業の魅力」を伝え、製造業への転職を考えてほしいという想いを込めています。

 

【詳細】
特集では、「モノから選ぶ」「ジモトから選ぶ」「特徴から選ぶ」という3つの検索軸から自分にあった企業を見つけられる機能を揃えました。より多くの人に製造業で働く魅力を伝えていきます。

 

 

 

『マイナビ転職』では「賛成!あたらしい生き方。」のコンセプトのもと、求職者が必要とするコンテンツや、転職を考えるすべての人に寄り添い、共に進んでいく存在を目指し、これからもさまざまなサービスを展開していきます。

 

特集ページURL:https://tenshoku.mynavi.jp/opt/tk181016/?af=seizou_press

 

【『マイナビ転職』について】
サイト名:『マイナビ転職』 
U   R   L:https://tenshoku.mynavi.jp/
概      要:全国の求人情報掲載数や登録会員ユーザー数で、国内最大級の総合転職情報サイト。
     毎週火・金曜日更新で、常時約8,000件以上の転職・求人情報を掲載中。
     「エンジニア」「女性」「グローバル」などの求職者が求めるニーズにマッチする求人や
     地域密着型の求人情報を発信することで、企業の中途採用を強力に支援します。
     2018年6月の調査※にて『オリコン顧客満足度(R)ランキング 転職サイト サイトの使いやすさNO.1』に選ばれ、
     次の一歩を踏み出す方のための総合転職情報サイトとして、今後もユーザーの声に応えるサービスを提供していきます。
               ※2018年6月発表 調査機関:株式会社oricon ME