国内最大級の合同会社説明会「マイナビ就職EXPO」を全国17都市で順次開催


株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2019年卒業予定の大学生・大学院生・短大生・専門学校生・高専生・既卒者・留学生を対象とした就職情報サイト『マイナビ2019』(https://job.mynavi.jp/2019/)で3月1日(木)より企業エントリーの受付を開始します。企業の採用情報の公開をはじめ、学生からのエントリー受付を開始するほか、国内最大級の合同会社説明会『マイナビ就職EXPO』を全国17都市で順次開催します。

 

 

【『マイナビ2019』について】

『マイナビ2019』は、学生・企業が「本当に満足のいく就職・採用」ができるよう、自己分析や業界研究など、就職活動の土台となるコンテンツを充実させています。また、序盤から広い視野で活動するために、学生にはなじみの浅い業界やBtoB企業などもわかりやすく紹介します。なお、視聴者参加型のWEBでの会社説明会や、業界&仕事研究のためのWEBセミナーなど、場所や時間、服装などの制約を受けず、効率的に就職活動を進めるためのプログラムをより充実させています。

日本最大級の豊富な企業情報の掲載をはじめ、エントリーシート対策、筆記試験、面接対策まで、目的に応じた多彩な就活支援コンテンツで、学生の就職活動、企業の採用活動を強力にサポートします。

 

また、『マイナビ2019』内に障がい者のための就職情報サイト『マイナビ2019 チャレンジド』を新たに立ち上げました。このサイトでは障がいのある学生に向け、就職活動に役立つコンテンツや企業情報、取材情報を公開していきます。さらに、企業検索では、車椅子対応や産業医の配置など、配慮が受けられるのかを調べられる項目や、企業の雇用実績を障がいの内容で調べられる項目など『マイナビ2019 チャレンジド』ならではの検索項目を設け企業エントリーを開始します。

※視覚障がいの方でも使いやすいサイト設計にしています。

 

▼『マイナビ2019』トップページ(イメージ)

 

▼『マイナビ2019 チャレンジド』トップページ(イメージ)

 

 

【『マイナビ就職EXPO』シリーズについて】

『マイナビ就職EXPO』シリーズは、今回で18シーズン目を迎えます。今年は新たに西東京、横浜、神戸会場を加え、全国17都市で開催します。企業と学生が直接出会い、顔の見えるコミュニケーションの場を提供することを目的に開催しています。なお、昨シーズン(2018年卒)は学生動員数のべ約24万人、参画企業数のべ約8,700社という実績を誇ります。

マイナビは今年も、学生、企業双方の環境に応じた満足度の高いサービスの提供に努め、よりよいマッチングが成功するようサポートしていきます。

詳細:https://job.mynavi.jp/conts/event/2019/expo/