~「結局、ビッグデータってなに?」と思っている人に向けた入門書。ビッグデータが注目される、その理由をやさしく解説します~


株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区)は、マイナビ新書『進撃のビッグデータ』を6月21日(土)に発売します。

進撃のビッグデータcover.jpg

ここ数年、「ビッグデータ」という言葉がビジネスの世界を賑わせています。ビッグデータとは、その名の通り”巨大なデータ”で、最大の特徴はそれらを分析することで「思いもよらない関係性を浮かびあがらせる」ことと、「未来予測ができる」ことのふたつです。すでに様々な企業がビッグデータ分析の手法を取り入れ、サービスに生かしています。IT・システム業界だけでなく、企業経営者やマーケティング担当者から非常に高い注目を集めています。

本書は、「ビッグデータという言葉はよく聞くけれど、結局なんだかよくわからない」という人が主な読者対象です。ビッグデータの関連本は多数発売されていますが、本書はITや統計学、データ分析にあまりなじみがない人に向けて、なぜ今ビッグデータが注目を集めているのかをITジャーナリストの牧野武文氏がわかりやすく解説しています。