株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区)が発行するサイト構築のためのトータルデザイン誌『Web Designing』は、日本語Webフォントによる表現と技術のためのコンペティション「Webフォントデザインアワード 2013」を開催しました。そして本日、入賞32作品(一般部門30作品、課題部門2作品)のなかから、グランプリを含む優秀作品計7作品を発表しました。


このアワードは、Webフォントによるコンテンツ表現と、その閲覧環境が急速に整いつつあることを受けて、日本語書体を使ったWebコーディングの価値や有用性、表現力の可能性を示そうと、『Web Designing』編集部が主催し、2013年の夏から秋にかけて、広く一般に作品を募ったものです。受賞作品は以下になります。

 

< 受賞作品 / 受賞者 / 副賞>

一般部門 グランプリ 
作品 「本の書き出し」 作者 中川 峰志 / ぴょん ゆみょん URL http://kakidashi.com
使用サービス TypeSquare 副賞 賞金30万円、Web Designing定期購読権1年分

01-「本の書き出し」.jpg  

 

一般部門 準グランプリ
作品 「Dramatic Yotsukaido」 作者 Karappo Inc.  URL http://dramaticyotsukaido.com
使用サービス FONTPLUS 副賞 賞金10万円、Web Designing定期購読権1年分

02-1_「Dramatic Yotsukaido」.jpg 

 

一般部門 準グランプリ
作品 「CREATIVE SURVEY」 作者 田口 亮(株式会社フォーデジット) URL https://creativesurvey.com
使用サービス FONTPLUS 副賞 賞金10万円、Web Designing定期購読権1年分 

03-1_「CREATIVE SURVEY」.jpg

 

一般部門 Web Designing賞
作品 「オノマトペラボ」 作者 株式会社オズマピーアール URL http://onomatopelabo.jp
使用サービス TypeSquare 副賞 賞金10万円、Web Designing定期購読権1年分

04_「オノマトペラボ」.jpg 

 

一般部門 特別賞
作品 「日本調剤株式会社」 作者 株式会社レインボー・ジャパン URL http://www.nicho.co.jp
使用サービス FONTPLUS 副賞 FONTPLUSスマートライセンス 600万PV、Web Designing 定期購読権1年分

05_「日本調剤株式会社」.jpg

 

一般部門 TypeSquare賞 
作品 「1day, 1photo, 1text」 作者 坂本 恭子 URL  http://111.sakamotokyon.com
使用サービス TypeSquare 副賞 MORISAWA PASSPORT 1年契約分、Web Designing定期購読権1年分

06_「1day, 1photo, 1text」.jpg

 

一般部門 FONTPLUS賞
作品 「映画の言葉」 作者 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. 
URL  http://eiganokotoba.jp  使用サービス FONTPLUS 
副賞 FONTPLUSスマートライセンス 600万PV、Web Designing定期購読権1年分

07_「 映画の言葉」.jpg

(c)2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 

 

※募集対象となった課題部門において用意されていたWeb Designing賞、TypeSquare賞、FONTPLUS賞の各賞につきましては、今回は該当作品なしとさせていただきました。このため、従来、課題部門に設定されていたWeb Designing賞を一般部門に移し、さらに審査において特別に優秀と認められた作品について、「特別賞」として顕彰させていただきました。

 

< 概要 >

募集期間 2013年7月1日(月)~10月7日(月)
一次審査 2013年10月8日(火)~10月31日(木)
最終審査 2013年11月中旬
応募方法 公式サイトより応募受付
結果発表 当リリースおよび、『Web Designing』2014年1月号(2013年12月18日発売)誌面、ならびに公式サイトにて
主催・運営 株式会社マイナビ
共催 ソフトバンク・テクノロジー株式会社、株式会社モリサワ

< 審査員 >

永原 康史 氏 株式会社永原康史事務所 グラフィックデザイナー、多摩美術大学情報デザイン学科教授
清水 幹太 氏 株式会社PARTY Chief Technology Officer
凪 佐〃木 氏 株式会社 凪 代表取締役 / 株式会社〼々 取締役
小山田 幸子 氏 株式会社TBWAHAKUHODO インタラクティブプランナー/アートディレクター
山田 晃輔 氏 PETITBOYS Webデザイナー・ライター

 

審査をふりかえり

日本語Webフォントの黎明期にあたる2011年に行われた前回は、日本語Webフォントを使った実験的作品が多く寄せられたのに対して、第2回目にあたる今回は、商用サイトやコーポレートサイトでの導入事例が多くエントリーされることとなり、日本語Webフォントサービスの急速な普及が印象づけられる結果となりました。これは、FONTPLUS、TypeSquare といった、手軽に利用できる本格的日本語Webフォントサービスが普及したことや、従来懸念されていた表示までのタイムラグや再描画などの問題が、ほぼ解消されたということが背景にあります。

Webコンテンツデザインにおいて避けなければならなかった、あるいは画像によって回避せざるをえなかった「タイポグラフィ表現」に、デザイナーたちが普通に取り組むことができる、そんな時代がいよいよやってきたといえるでしょう。審査会では、コンテンツと書体との関連性や、字間調整(カーニング)に工夫がなされているかなどに話題がおよびました。Webにおけるテキスト表現が、”次のステップ”へと歩みだしたことを印象付けられた審査会となりました。(『Web Designing』編集部)

 

<詳細はこちら公式サイト:http://book.mynavi.jp/wd/webfont/2013

 

月刊『Web Designing』とは
Webクリエイティブのためのアイデアから、Webサイト構築・運営のための技術、Webプロモーションのトレンド情報までをカバーした専門月刊誌(毎月18日発売)。http://book.mynavi.jp/wd/