~ 「就職活動を漢字一文字で表すと?」の1位は、2年ぶりに『楽』。
  「あなたの就職活動のテーマ曲は?」の1位は、ZARDの「負けないで」。 ~


株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2014年卒業予定の学生を対象とした「2014年卒マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況」を実施し、その一環として調査している「あなたの就職活動を漢字一文字で表すと?」の結果を発表しました。本調査は、2001年卒業予定者対象(2000年)から毎年実施しており、今年で14回目となります。また、今回初めて「あなたの就職活動のテーマ曲は?」の調査を実施し、あわせて結果を発表しました。


今年の漢字一文字は、2位の「苦」(5.4%)を大きく引き離し、「楽」(7.2%)が1位となった。2位と1.5pt以上差をつけて「楽」が1位になるのは2009年卒(2008年)調査以来である。「苦」から「楽」へ順位が逆転した要因としては、景況感の回復や内定率の改善などが挙げられる。また、文理別に見てみると文系男子、文系女子の1位は「苦」となっているのに対し、理系男子、理系女子では「楽」が1位となっており、文理で就職活動に対する感じ方に大きな違いがあったことが見て取れる。4位の「迷」は10年連続でトップ10入りとなり、5位の「運」は過去最高位となっている。「考」は2007年卒以来のランクインとなった。

  

130812MT_01.jpg 

 

130812MT_02.jpg

 

 ============================================

【 「あなたの就職活動を漢字一文字で表すと?」及び「あなたの就職活動のテーマ曲は?」調査概要 】
○調査対象/2014年卒業予定の全国大学4年生及び大学院2年生
○有効回答/1,214名(内訳 文系男子:266名、理系男子:390名、文系女子:255名、理系女子:303名)
○調査方法/Web上のアンケートフォームより入力
        ※1名につき漢字一文字と選出理由及びテーマ曲と選出理由を自由回答
○調査期間/2013年7月26日~2013年7月31日
============================================

  

 

《参考:「あなたの就職活動を漢字一文字で表すと?」過去5年の調査結果》
調査結果の詳細は『採用サポネット』(http://saponet.mynavi.jp)で公開しています

130812MT_03.jpg

 

130812MT_04.jpg

 

 就職活動の時に良く聞いていた曲を「就職活動のテーマ曲」として挙げてもらったところ、発売された年代に関わらずポジティブな楽曲が上位を占めた。

1位はZARDの「負けないで」となり、実に20年前(1993年)に発売された曲ではあるが、応援歌として学生にも浸透しているようだ。主な理由としては、「就職活動で『負け』が続いていた時、この曲を聴くと勇気づけられたから(文系男子)」「歌詞の内容があきらめないことやその先にあるゴールを意識させてくれたから(文系女子)」などが挙がった。
2位はMr.Childrenの「終わりなき旅」で、歌詞に出てくる『高い壁』を就職活動に重ね合わせた人も多かったように見受けられる。主な理由としては、「歌詞が、就職活動で悩んだりする自分にぴったり当てはまり、すごく勇気づけられたから(文系女子)」「辛いことが多い就職活動において、この歌の歌詞が大きな励みになったため(理系男子)」などが挙がった。
3位は中島みゆきの「ファイト!」で、主な理由としては、「まさに、夢に向かってひたむき頑張る姿を描いており、歌詞の内容にも共感できたため(理系男子)」「戦うしかないと思ったときに聞いたから(文系女子)」などが挙がった。

最近の楽曲としては、6位にナオト・インティライミの「Brave」(2011年)、8位にYUIの「fight」(2012年)などがランクインした。

 

 

【 「2014年卒マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況」調査結果の概要 】
「今後受けたい内定者フォロー」は、交流の機会や社風を知る機会を求める傾向に
内々定保有者に内々定獲得後の企業との接触状況を”直接接触”と”間接接触”に分けて聞いてみた。直接接触の割合は74.9%であったのに対し、間接接触は79.8%と間接接触の方がやや多い結果となった。文理男女別では理系の直接接触がやや低いことから、卒業研究等に配慮している可能性が考えられる。また「実際に受けた内定者フォロー」に対して「今後受けたい内定者フォロー」の間にどの程度差があるのかに着目して比較してみると、直接接触では「勉強会・グループワーク・研修」が21.1pt*、次いで「内定者アルバイト」が17.3pt*の差で今後受けたいフォローが上回った。間接接触においても「e-learning形式の通信教育」が19.1pt*、「通信教育(郵送形式)」が10.7pt*と、入社前に一定の教育や経験を積む事を望む傾向にある。
*【図1】の数値を参照。

 

■ 貯金平均希望額は月6.7万円。 貯金する目的は、「結婚資金のため」と「不慮の事態に備えて」
社会人になった際の給料について聞いてみると、もらいたい月給は平均で23.2万円、毎月貯金したい平均額は6.7万円となった。貯金する一番の目的としては「結婚資金のため」が前年比4.5pt増の23.4%と最も多かった。「老後のため」も前年比4.1pt増の12.0%となり1割を超えた。「なんとなく」の回答割合が前年よりも低くなっていることから貯金の目的意識が明確になっていることが分かる。

 

 

【図1】直接接触・間接接触での内定者フォローの内容(複数回答)

 

直接接触>

130812MT_05_01.jpg

 

 

<間接接触>130812MT_05_02.jpg

 

   

 【図2】貯金する一番の目的 

130812MT_06.jpg

 

 

 ============================================

「2014年卒マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況」概要 ※1989年からモニターアンケートを実施
○調査内容/就職活動状況の定点調査  
○調査方法/Web上のアンケートフォームより入力
○調査期間/2013年7月26日~2013年7月31日まで
○調査対象/2014年卒業予定の全国の大学4年生及び大学院2年生 モニター4,430名 有効回答率27.4%
         回答数1,214名(文系男子266名、理系男子390名、文系女子255名、理系女子303名)
※調査結果の詳細は採用サポネット(http://saponet.mynavi.jp)で公開しています

 ============================================