株式会社マイナビが主催する「第6期 マイナビ女子オープン」の挑戦者決定戦が3月4日(月)に東京・将棋会館にて開催されました。挑戦者決定戦は女流名人、女流王位、女流王将、倉敷藤花のタイトルを持つ里見香奈女流四冠(21)と鈴木環那女流二段(25)の対局になり108手の熱戦を里見女流四冠が制し、上田初美女王(24への挑戦権を獲得しました。

  里見女流四冠の女王挑戦は初となり、タイトルを獲得すれば史上初の五冠を達成し、全タイトル獲得に王手をかけます。

【五番勝負開催スケジュール】

第一局4月3日(水)神奈川県・秦野市「陣屋」

第二局4月16日(火)福島県・郡山市 「ホテル ハマツ」 ※現地にて大盤解説会を開催予定

第三局5月1日(水)大阪府・福島区 「関西将棋会館」

第四局5月15日(水)東京都・渋谷区 「将棋会館」

第五局5月29日(水)東京都・渋谷区 「将棋会館」

【両対局者のコメント】

hatsumi_ueda.jpg

(うえだはつみ)女王

女流名人戦では2勝3敗で負けてしまいましたが、今度は防衛という立場。女王2年間の結果を見せれるような五番勝負にしたいと思います。

 

 

 

kana_satomi.jpg

里見香奈(さとみかな)女流四冠

一つひとつの勝敗にはこだわらないようにして、シリーズを通して一つでも成長できる五番勝負にしたいと思います。

 

 

 

【五番勝負の見どころ】

上田女王と里見女流四冠のタイトル戦は、大熱戦を演じた第39期女流名人位戦五番勝負に続いて2回目の顔合わせです。惜しくも二冠に届かなかった上田女王が今回意地の防衛を果たし、里見女流四冠の初の女王タイトル戦を敗退に追い込むか。里見女流四冠が続けて上田女王を降し、女流初の五冠となるか。結果はもちろん、内容にも注目。女流棋界の新たな”ゴールデンカード”となるかどうかは今回の五番勝負に懸かっています。