~ 開始月から学生は意欲的に活動するも、前年より内定を取る自信は減少 ~


株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、社長:中川信行)は、2013年卒業予定の学生を対象とした「2013年卒マイナビ学生就職モニター調査 12月の活動状況」の結果を発表しました。なお、「マイナビ学生就職モニター調査」は例年10月の活動状況から発表しておりましたが、今シーズンは学生の就職活動が2ヶ月後ろ倒しの12月1日からとなったため、2013年卒学生を対象としたモニター調査は今回が初の発表となります。概要は以下の通りです。

【TOPICS】
昨年12月1日、就職情報サイトのグランドオープンを皮切りに、例年より2ヶ月遅れとなった2013年卒学生の就職活動がスタートした。業界研究、自己分析や合同企業説明会の参加など、就職活動開始と同時に学生たちは目まぐるしく活動しているようだ。12月の平均エントリー社数は前年10月を上回り、合同企業説明会への参加回数も過去例を見ない高い数値となった。また、学生の大手企業志向の高まりを危惧する声もある中で、幅広く企業を志望する傾向もみられている。中には転職を視野に入れキャリア構築を目指す学生もおり、その行動や志向に変化がみられた。

<調査結果の概要>
■ 12月、就職活動は活発な動き出し。業界研究や自己分析、合同企業説明会への参加などあらゆる活動を意欲的に開始
企業の採用広報活動開始時期の後ろ倒しによる学生の焦りと不安から、12月1日にグランドオープンした就職情報サイトへのアクセスが殺到した。また、9割以上の学生が「企業にエントリーした」と回答。平均エントリー社数は39.8社となり、スタート月の平均エントリー社数は前年10月の38.6社を上回った。しかし、これを前年同月比(10~12月の累計社数)でみた場合20.4社の減少となっている。一方、合同企業説明会に参加した回数は、前年10月の1.2回を大きく上回る7.7回となった。広く業界の知識を得たり、特定の企業の研究をするにあたり、一度に多くの企業と直接接触できる合同企業説明会を活用する学生が多いようだ。また、研究活動についても、「業界研究」「企業研究」「仕事(職種)研究」「自己分析」をした学生の割合は前年10月と比べ、すべての項目で増加した。

①学生1人当たりの平均エントリー社数累計
entry2013_12.jpgのサムネール画像

②学生1人当たりの合同企業説明会、個別企業セミナーの参加社数、エントリーシート提出社数
seminar.jpg



■ 内定を取る自信は減少、先輩と比較した就職活動環境は「厳しくなる」が増加
内定を取る自信が「(大いに+少し)ある」と回答した割合は38.6%と、前年スタート月比よりも減少した(12年卒10月:41.7%)。自信がある理由には「就職活動の準備がしっかりできている」など例年通りの回答が多い中、今年は「選ばなければどこかに通る」や「企業の募集が増えている」など、企業選択の志向の変化や雇用環境の回復を挙げる回答もあった。また、先輩と比較して自分たちの就職活動はどうなるかについては、「変わらない」が45.5%と最も多いが、「(かなり+多少)厳しくなる」は前年同月比3.1pt増の47.5%となり、理由に「2ヶ月のハンデは大きい」などの活動期間の短さを挙げる声があった。

③内定を取る自信
jishin.jpg



■ 企業志向に変化。大手企業志向が薄まり、半数以上の学生が中堅・中小企業に関心を向ける
企業志向については、「やりがいのある仕事であれば中堅・中小企業でも良い」が最も多く、前年比6.1pt増の46.9%となった。「中堅・中小企業が良い」も前年比2.0pt増の8.1%となり、合計で5割以上の学生が中堅・中小企業へ関心を向けているという結果になった。なお、希望する働き方は、「新卒で入社する会社で長く勤めたい」が72.8%と多かったものの、「キャリアを優先して転職もいとわない」が前年比2.9pt増の18.6%となった。また、就職して最も得たいものについても「スキル・専門性」が前年比6.8pt増の20.2%と増加し、学生のキャリア意識が感じられる結果となった。

④「大手企業志向」or「中堅・中小企業志向」
shikou.jpg

⑤就職して「最も得たいもの」
etaimono.jpg


【2013年卒マイナビ学生就職モニター調査 概要】 
※1989年からモニターアンケートを実施
○調査内容/就職活動状況の定点調査
○調査方法/Web上のアンケートフォームより入力
○調査期間/2011年12月28日~2012年1月3日
○調査対象/2013年卒業予定の全国の大学3年生及び院1年生
        モニター4,017名 有効回答率38.8%
        回答数1,557名
        (文系男子352名、理系男子396名、文系女子372名、理系女子437名)

※調査結果の詳細はマイナビ採用サポネット(http://saponet.mynavi.jp)で公開しています