~ 内々定を取得し、活動を終了させる学生が増加する一方で、
活発な活動を継続する学生は前年同月に比べ増加 ~


株式会社 毎日コミュニケーションズ <以下、マイコミ>(本社:東京都千代田区、社長:中川信行)は、2011年卒業予定の学生を対象とした「2011年卒マイコミ学生就職モニター調査5月の活動状況」の結果を発表しました。概要は以下の通りです。



<調査結果の概要>


■ 選考の最終段階を迎える学生の割合が増加。活動を終了するモニター学生は約4割に
面接や内々定などの選考過程へと移行した割合がピークを迎えた4月に比べ、5月に入り1次面接を受けた学生の割合は、前半は41.0pt減の27.6%、後半は20.8pt減の25.3%と大幅に減少。最終面接を受けた割合も、対前月比で前半が21.4pt減の16.0%、後半が16.6pt減の12.5%となるなど、活動が一つ山を越えた様子がうかがえる。また、「内々定先を決めて就職活動を終了した」割合については、対前月比で前半が18.3pt増の36.1%、後半が10.9pt増の38.7%となり、5月末までに活動を終了したモニター学生は約4割にのぼった。
一方で、前年との比較においては、依然、活発な活動を継続している学生も多く、「企業にエントリーした」「企業からエントリーシートを取り寄せた」「企業にエントリーシートを提出した」割合などが増加している。

 • 「企業からエントリーシートを取り寄せた」
      5月前半14.5%(前年比3.5pt増)、5月後半12.7%(同1.7pt増)
 • 「企業にエントリーシートを提出した」
      5月前半21.1%(前年比4.2pt増)、5月後半18.2%(同4.2pt増)



■ 平均エントリー社数における文理男女間の格差が顕著に
5月に「エントリーした」学生の割合は前年比でみると微増し、前半21.7%(0.4pt増)、後半20.3%(2.4pt増)となった。また、5月単月の平均エントリー社数は2.5社となり、前年より0.2pt減少した。文理男女別でみると、理系男子は1.2pt減の1.1社、理系女子は0.4pt増の2.4社、文系男子は増減なしの3.4社、文系女子は0.8pt増の4.1社となり、カテゴリー別で差が出る結果となった。また、前月に比べ、企業セミナーへの参加やエントリーシートの提出などの社数は減少。中でも、3月から急激に増加した「選考を受けた社数」は、前月比で3.3pt減少の1.5社となった。



■ 内定を取る自信のある学生が増加する一方、「就職できるかどうか」の不安も依然6割以上
就職活動の感触において「内々定を取る自信」は、「大いにある」が前月より更に6.6pt増加し、37.1%となった。内々定を取得した学生が4月から増加していることが大きく影響しているようだ。一方、「まったくない」も3月以来10%超えで推移しており、就職活動に苦戦している学生の姿もうかがえる。就職活動を通じた感触では、「思ったよりも厳しい」「思ったとおり厳しい」と感じている割合の合計が、前年と比べると5.6pt減少はしたものの70.6%と高い数値となった。また、「現在の不安」については、「就職できるかどうか」と回答した学生の割合が、調査をスタートした10月以来、連続で6割以上を維持している。



<参考> 今後の活動スタイル
■ 今後の活動スタイル、文系男女は「業界の幅を広げる」、理系男女は「今まで通り進める」
今後の活動スタイルについては聞いたところ、「『業界』の幅を広げる(変える)」の割合が文系男女で高く、視野を広げて就職活動を再スタートさせる学生も多いようだ。また、理系男女では「今まで通り進める」の割合が高く、文理で回答に差が見られた。



<画像>今後の活動スタイル.jpg




【2011年卒 マイコミ学生就職モニター調査 概要】 
※1989年からモニターアンケートを実施
○調査内容/就職活動状況の定点調査
○調査方法/Web上のアンケートフォームより入力
○調査期間/2010年5月28日~2010年5月31日
○調査対象/2011年卒業予定の全国の大学4年生及び院2年生 
         モニター3,763名 有効回答率29.5%
         回答数1,111名
         (文系男子236名、理系男子356名、文系女子246名、理系女子273名)


※調査結果の詳細はマイコミ採用サポネット(http://saponet.mynavi.jp)で公開しています