~ 転職活動者の79%が「現在希望している職種以外でも、条件次第で応募を検討する」と回答 ~

転職情報サイト「マイナビ転職」(http://tenshoku.mynavi.jp)を運営する株式会社 毎日コミュニケーションズ<以下、マイコミ>(本社:東京都千代田区)は、2009年5月における「転職活動者の意識調査」の調査結果を発表しました。



<調査結果の概要>


■転職活動者の79%が「条件によっては、現在希望している職種以外でも応募を検討する」と回答
転職活動者は「職種」を重視して転職先を探す傾向があるが、希望職種以外でも条件によっては応募を検討するかどうか聞いたところ【単一回答】、79%の活動者が「はい」と回答し、「いいえ」は21%との結果になった。この結果から、多くの活動者は転職先を探す上で、たとえ自身の希望職種ではない求人でも、他の条件次第では応募を検討する価値があると考えており、必ずしも希望職種が必須条件ではないことがわかった。


■「どのような条件を満たせば希望の職種以外でも応募を検討しますか」との質問には、「給与や福利厚生」が70%で首位に
上記設問で「はい」 と回答した人に対し、どのような条件を満たせば希望職種以外でも応募を検討するのか聞いたところ【複数回答】、「給与や福利厚生」(70%)が1位となり、2位「会社の将来性・安定性」(48%)、3位「事業内容」(43%)、4位「休日や残業時間等の待遇」(42%)、5位「成長できる環境」(30%)と続いた。この結果から、転職活動者は、企業の体力を計る給与や将来性次第では、希望の職種以外でも幅を広げて企業を探す姿勢がうかがえる結果となった。


【「転職活動者の意識調査 2009年5月」調査概要】
○調査内容/転職活動状況の定点調査など
○調査期間/2009年4月21日~2009年5月18日
○調査対象/『マイナビ転職』利用者
○調査方法/WEB上のアンケートフォームより入力 有効回答数861件
※四捨五入により、合計が100%にならない場合があります


090604-1.jpg
090604-2.jpg
090604-3.jpg

男女別で希望職種以外でも応募を検討する条件をみると、男性の首位は、「給与や福利厚生」(69%)、2位は「会社の将来性・安定性」(49%)、3位は「事業内容」(44%)となった。一
方、女性の首位は、「給与や福利厚生」(73%)、2位は「休日や残業時間等の待遇」(50%)、3位は「会社の将来性・安定性」(44%)となった。


「給与や福利厚生」は男女ともに最も重視している点で共通しているが、「休日や残業時間等の待遇」は男女間で最も差が生じた。また、「成長できる環境」の回答割合は男性の方が高く、「正当な評価制度」は女性が多いなど、男女の優先順位に違いが見受けられる結果となった。



《参考:回答者の年代別比較》

090604-4.jpg

年代別にみると、全ての年代で「給与や福利厚生」が首位となった(20歳代66%、30歳代73%、40歳以上70%)。しかし、2位以降は年代ごとに違いがみられた。20歳代は、2位「事業内容」(49%)、3位「休日や残業時間等の待遇」(48%)となり、30歳代は2位「会社の将来性・安定性」(53%)、3位「休日や残業時間等の待遇」(47%)、40歳代の2位は「事業内容」(45%)、3位は「会社の将来性・安定性」(44%)という結果であった。


なお、会社の体力を計る給与や将来性以外で、働き方や職場の雰囲気に関わる「休日や残業時間等の待遇」、「成長できる環境」、「職場の人間関係」という条件については、年代が低いほど回答の割合が高く、若手層の方がより重視している傾向がみられた。