~ 予防意識が高く、社会人の8割超が意識的に「毎朝、朝食をとっている」 ~

人材と出版の総合サービス企業、株式会社 毎日コミュニケーションズ<以下、マイコミ>(社長:中川信行、本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1)は、20代の若手社会人のキャリアとスキルをサポートするサイト「COBS ONLINE(コブスオンライン)」(http://cobs.jp)を通じて、社会人2年目以上の男女461名を対象に、「健康意識」に関するアンケート調査を実施しました。調査結果の概要は以下の通りです。


<調査結果の概要>
■「健康に気を使っている」が8割超、その理由は「病気になるのが怖いから」が1位

「あなたはご自身の健康に関して、どの程度気をつけていますか?」と尋ねたところ、「気をつけている」(11.1%)、「どちらかというと気をつけている」(69.4%)を合わせて80.5%となり、8割以上の人が健康に気を使っていることがわかった。そこで、健康のために行っていることは何かと尋ねたところ、「朝食を毎日とる」(72.2%)と回答した人が一番多く、さらに「十分な睡眠をとる」(48.5%)、「バランスの良い食生活を行う」(48.0%)、「夜遅くに食べない」(43.4%)が上位を占め、食事に対して気を使っている社会人が多いこともわかった。健康に気を使っている理由については、「病気になるのが怖いから」(53.6%)、「美容のため」(50.1%)、「若さを保ちたいから」(42.3%)、「老後や将来のために、健康な体を作っておきたいから」(40.2%)となり、予防意識の高いことがうかがえる。


■若手社会人の8割超は「毎朝、朝食をとっている」
食事に関連して、「あなたは毎朝、朝食をとっていますか?」と尋ねたところ、「ほぼ毎日とっている」と回答した人が80.9%と高い割合を占めた。そして、朝食は、「主にパン中心」(40.8%)が「主に米中心」(38.2%)を若干上回る結果となった。さらに、「朝食をとる上で気をつけていることはありますか?」との問いに対しては、上位から「朝は時間がないので、手軽なものをとるようにしている」(45.0%)、「仕事中にお腹がすかないよう、腹持ちするものをとっている」(30.0%)、「野菜や果物など、食事のバランスに気をつけている」(21.8%)、「特に気をつけていることはない」(19.7%)と続く結果となり、現代社会人の忙しい朝の姿を垣間見ることができた。


■「睡眠に気を使っている」が7割強。睡眠に気を使っている人の平均睡眠時間は
  「6時間」が約半数

「あなたは睡眠に気を使っていますか?」と尋ねたところ、「かなり気を使っている」(16.1%)と「少し気を使っている」(58.1%)を合わせて7割強の人が気を使っていると回答した。具体的にどう気を使っているかについては、「適度な睡眠時間」が86.5%ともっとも高く、次いで「寝る体勢・姿勢」(22.5%)、「早寝早起き」(20.8%)、「枕やマットレスなどの寝具」(19.0%)となった。そこで平均睡眠時間を尋ねてみると、「睡眠に気を使っている」と回答した人は「6時間」(47.4%)が約半数を占め、「気を使っていない」と回答した人は「5時間」(31.1%)がもっとも高い結果となった。



 1.jpg

4.jpg

6.jpg

【「若手社会人の健康志向度調査」調査概要】
【調査方法】COBS ONLINE会員にメールにてアンケートを送付、WEBから回答。
【調査期間】2008年9月3日(水)
【回答】社会人2年目以上の男女:461件 (男性:102件、女性:359件)


※調査結果の詳細は「COBS ONLINE」(http://cobs.jp/pr/)で公開しています。
※「COBS ONLINE」(コブスオンライン)は、若手ビジネスパーソンに向けて「変化の時代を楽しむビジネス力を身につける」ことを提案するメディアです。
※会員数:約60万人(2008年度実績)。