~ 2008年5月26日(月)より順次NTTDocomo、softbank、au公式メニュー入り ~

人材と出版の総合サービス企業、株式会社 毎日コミュニケーションズ<マイコミ>(代表取締役社長:中川信行、本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1)が運営する転職情報サイト『マイナビ転職』(http://tenshoku.mynavi.jp)は、2008年5月26日(月)より、総合転職サイト初となる、PC版と連動した携帯版会員サービス「マイナビ転職 モバイル版」をオープンいたします。


「マイナビ転職 モバイル版」は総合転職サイトで初めて、PC版と連動した携帯版会員サービスです。PC版に掲載されているものと同じ内容で、求人検索や新着の求人情報を携帯電話から閲覧できるだけでなく、スカウトメールや企業からのメッセージも閲覧でき、PCより登録したWEB履歴書を利用し応募することも可能ですのでタイミングを逃しません。「マイナビ転職 モバイル版」で時間や場所を選ばずに転職活動を行えるようになります。

また、より多くの転職希望者に「マイナビ転職 モバイル版」を認識してもらえるよう、利用者数の多い公式メニューへの掲載を決定。2008年5月26日(月)より順次、NTTDocomo、softbank、auの3キャリアで展開します。


【「マイナビ転職 モバイル版」によるユーザーサービスの向上】 ○情報収集時
・いつでもどこでも求人情報を確認
・気に入った求人を検討リストに登録
・モバイル新着マッチメールで新着情報を確認
・リアルタイムなスカウト確認、企業メッセージの確認
・空いた時間にSHL適性診断で自己判断、役立つコンテンツを確認

○応募時
・PC版で入力したWEB履歴書を使ってモバイル版から応募
・モバイル版で検討リストに保存した企業をPC版でじっくり確認

○面接時
・面接前に企業情報、企業までの道順を確認
・面接前に応募履歴書を確認



転職活動を経験したことのあるビジネスパーソンの約34%が「転職媒体(ネット)」を利用しており※1、インターネットでの転職活動が一般化しています。しかし、転職活動をするためにはPC環境のある場所が必要であり、好きな時間に利用できないなど制限される場面がかなりありました。

また、携帯電話の契約数は2008年3月末で10,272万契約と今なお増え続けており※2、パソコンに加え携帯電話、PHS及び携帯情報端末を併用利用しているのは6,099万人※3、携帯電話からネット接続する割合は53.3%※2と、携帯電話はいまや見逃すことのできない有力なメディアに成長しています。

(出典/参考文献:※1、※4ネットエイジア株式会社 ※2社団法人電気通信事業者協会 ※3総務省)


『マイナビ転職』は、そういった現状を見据え、モバイル版サービス展開の必要性があると感じ、「マイナビ転職 モバイル版」をオープンすることを決定いたしました。携帯電話の、時間や場所を問わない「ポータビリティ」と、私物であるという「パーソナリティ」を生かし、「いつでもどこでも転職活動」できる環境を転職希望者に提供します。

帰宅後や、忙しい合間に行っていた情報収集などが空いている時間にできるようになるので、時間が有効に使えます。その分、企業をじっくり検討するなどの時間ができることから、ミスマッチを防げ、もっと「自分らしい転職」の実現につながると考えます。

『マイナビ転職』は今後も、さらに「利用価値の高い転職情報サイト」として、企業と転職希望者の距離を縮めるサービスを展開していき、今まで以上のベストマッチングを促進します。


◆『マイナビ転職』(http://tenshoku.mynavi.jp)について

「自分らしい転職」を目指す転職者をバックアップする総合転職情報サイト。株式会社 毎日コミュニケーションズが提供する人材情報ポータルサービスの総合ブランド「マイナビ」の一つです。

『マイナビ転職』はあらかじめ審査された全国の豊富な求人情報に加え、転職活動を徹底的にサポートする充実したサービスが評価され、ゴメス・コンサルティング株式会社が2007年3月発表した「転職情報サイトランキング」の総合第1位に選ばれるなど、第三者機関からも高い評価を受けています。

『マイナビ転職』の会員登録は無料です。