~ 「人間関係」と「仕事のやりがい」が、会社への満足度を大きく左右 ~


人材と出版の総合サービス企業、株式会社 毎日コミュニケーションズ<マイコミ>(社長:中川信行、本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1)は、同社が運営する20代の若手社会人のキャリアとスキルをサポートするサイト「COBS ONLINE(コブス オンライン)」(http://cobs.jp)にて、同サイトの会員を対象とした「キャリア・転職に関するアンケート調査」を実施し、結果を発表しましたので、以下概要をご報告します。


<調査結果の概要> 
■今の会社に満足な理由: 1.「人間関係」  2.「やりがい」  3.「残業時間の少なさ」
  今の会社に不満な理由: 1.「給料」     2.「やりがい」  3.「人間関係」「福利厚生」

今の会社に対しての満足度を尋ねたところ、「満足(55.2%)」が、「不満(44.8%)」を上回る結果となった。また、「満足」の理由は、「人間関係がよい」が56.6%と最も多く、ついで「やりがいがある(38.8%)」「残業が少ない(33.7%)」となった。一方、「不満」の理由では、「給料が悪い(55.0%)」が最も多く、「やりがいがない(44.0%)」「人間関係が悪い(34.0%)」「福利厚生が充実していない(34.0%)」と続いた。このことから、会社での「人間関係」と仕事の「やりがい」が会社への満足度に、大きな影響を与えていることが分かった。


■転職は「何度でも」と考える肯定派と、「面倒だし不安」と考える否定派に二分
「今、転職したいですか?」の問いに対し、「非常にしたい(16.1%)」「どちらかと言えばしたい(29.1%)」と答えた45.2%を、「どちらかと言えばしたくない(39.6%)」「まったくしたいと思わない(15.2%)」と答えた54.8%が若干上回る結果となった。
これを踏まえ、「転職したい」と答えた45.2%を対象に、「自分が転職するなら何回までいいと思いますか?」と尋ねたところ、「2回(41.2%)」「何回でも(25.6%)」「1回(19.4%)」「3回(12.8%)」と、複数回を支持する回答が半数以上。同時に、「転職することに後ろめたい感覚はありますか?」と尋ねたところ、「あまりない(32.7%)」「まったくない(24.6%)」と答えた人が半数以上を占め、転職することに抵抗が少なく、転職に前向きな人が多いことが分かった。
一方で、「転職をしたくない」と答えた54.8%を対象に、その理由を尋ねたところ、「今の会社に満足」が46.1%と最も高かったものの、「転職活動が面倒(33.6%)」「新しい環境に慣れるのが不安(23.7%)」「自分のスキルやキャリアに自信がない(24.2%)」と、仕事や会社に対する満足度のほか、自分自身に対する不安要素により、転職を希望していない若手社会人が多いことも分かった。


■転職はしたいが、「自分のスキルやキャリア」に自信がない
上記設問に関連して、「転職をしたい」と答えた45.2%を対象に、「あなたは自分のスキル・キャリアに自信がありますか?」と尋ねたところ、「どちらかと言えばない(51.7%)」「まったくない(22.3%)」と答えた人が7割以上を超える結果となった。さらに、「スキルを磨くために何か努力をしていますか?」との質問には、「いいえ」と答えた人が63.5%を占め、その理由としては、「時間がない(50.8%)」がもっとも多い結果となった。転職を希望しつつも、スキルやキャリアに自信がなく、スキルを磨きたくとも時間がないという、若手社員のジレンマを垣間見る結果となった。


<参考グラフ>







【「キャリア・転職に関する意識調査」調査概要】
・ 調査方法/COBS ONLINE会員にメールにてアンケートを送付、WEBから回答。
・ 調査期間/2008年1月16日(水)~1月17日(木)
・ 回答/22歳~29歳までの働く男女:467件 (男性:106件、女性:361件)
※各グラフを含む調査結果の詳細は「COBS ONLINE(http://cobs.jp)」*で公開しています。


*「COBS ONLINE」(コブス オンライン)は、若手ビジネスパーソンに向けて「今という流動的な時代を自分ら楽しむビジネス力を身につける」ことを提案するメディアです。会員数:約48万人(2008年度実績)