~2人に1人がストレスで体調不良の経験、約9割が会社に対策なしと回答~



人材と出版の総合サービス企業、株式会社 毎日コミュニケーションズ<マイコミ>(社長:中川信行、本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1)は、同社が運営する若手社会人のキャリアとスキルをサポートするサイト「COBS ONLINE(コブス オンライン)」(http://cobs.jp)にて、同サイトの会員を対象とした「勤務実態調査」を実施し、結果を発表しましたので、以下概要をご報告します。

<調査結果の概要> 
■約9割がストレス実感、2人に1人が「仕事のストレスが原因で、体調を崩した経験がある」
『仕事でどの程度ストレスを感じているか』の問いに、「ストレスを感じている」と回答したのは87.5%と9割近くにのぼり、ほとんどの若手社会人が仕事におけるストレスを感じているという結果となった。
また、『仕事におけるストレスが原因で、体調を崩したことがあるか』を聞いてみたところ、「一度もない」が48.5%ともっとも多い結果となったが、「数回ある」が36.6%、「一度だけある」が14.9%と合計で半数を超えたことから、若手社会人の2人に1人が、ストレスが原因で体調を崩したことがある、と回答したことになる。

■ストレスの原因、男性が「自分の能力の不足」、女性は「人間関係」がトップ
仕事におけるストレスの原因を聞いてみたところ(複数選択)、男女別で回答がわかれた。
男性の第1位は「自分の能力が足りないこと(45.6%)」、第2位が「社内・社外の人間関係がうまくいかないこと(41.7%)」、第3位が「仕事量が多いこと(40.9%)」。
女性の第1位は「社内・社外の人間関係がうまくいかないこと(48.8%)」、第2位が「自分の能力が足りないこと(29.9%)」、第3位が「仕事内容がつまらないこと(29.5%)」という結果になった。女性は圧倒的に仕事場での人間関係にストレスを感じていていることがわかる。

■ストレス解消法、男女ともトップは「寝る」。 女性の方が解消法の選択肢多数
ストレス解消法を聞いてみたところ(複数選択)、男女とも「寝る」がトップで、全体では77.3%にのぼった。以下、女性は2位が「ショッピング(63.5%)」、3位が「友人・知人に話す(56.6%)」と、どの項目も過半数を超えているのに対し、男性は、2位「音楽を聴く(35.5%)」、「お酒を飲む(33.2%)」と、すべて過半数割れとなった。女性の方がいくつものストレス解消法を持っていることがわかる。

■「会社にストレス対策なし」が約9割
『従業員のストレス緩和のために、会社は何らかの対策をとっているか』を聞いたところ、約9割が「取り組んでいない」と答えた。この結果から、仕事に忙殺されているにも関わらず、会社側からはストレス解消の手立てをほぼ与えられていない、若手社会人の勤務実態が浮き彫りとなった。


<参考グラフ>


  Q.仕事におけるストレスの原因は?(複数選択)
  <男性>
  1位 自分の能力が足りないこと 45.6%
  2位 社内・社外の人間関係がうまくいかないこと 41.7%
  3位 仕事量が多いこと 40.9%
  4位 勤務時間が長いこと 35.5%
  5位 仕事内容がつまらないこと 32.4%

  <女性>
  1位 社内・社外の人間関係がうまくいかないこと 48.8%
  2位 自分の能力が足りないこと 29.9%
  3位 仕事内容がつまらないこと 29.5%
  4位 仕事量が多いこと 28.7%
  5位 勤務時間が長いこと 26.6%

  
  Q. あなたのストレス解消法は?(複数選択)
  <男性>
  1位 寝る 74.9%
  2位 音楽を聴く 35.5%
  3位 お酒を飲む 33.2%
  4位 運動をする・体を動かす 32.8%
  5位 好きなものを食べる 32.4%

  <女性>
  1位 寝る 79.9%
  2位 ショッピング 63.5%
  3位 友人・知人に話す 56.6%
  4位 好きなものを食べる 49.2%
  5位 旅行に行く 41.4%



【「勤務実態調査」調査概要】 
・調査方法/COBS ONLINE会員にメールにてアンケートを送付、WEBから回答。
・調査期間/2007年8月8日(水)~8月13日(月)
・回答/若手社員:503名 (男性:259名、女性:244名)
※各グラフを含む調査結果の詳細は「COBS ONLINE(http://cobs.jp)」*で公開しています。


*「COBS ONLINE」(コブスオンライン)は、若手ビジネスパーソンに向けて「今という流動的な時代を自分ら楽しむビジネス力を身につける」ことを提案するメディアです。
会員数:約48万人(2007年度実績)