<マイコミ社会人レポート>

社会人2年目正社員対象『1年前の自分と比較アンケート』調査結果を発表
~「会社辞めたいと思った」約6割・転職潜在層がすでに約7割~


人材と出版の総合サービス企業、株式会社 毎日コミュニケーションズ<マイコミ>(社長:中川信行、本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1)は、同社が運営する入社4年以内若手社会人のキャリアとスキルをサポートするサイト「COBS ONLINE(コブスオンライン)」(http://cobs.jp)にて同サイトの会員を対象とした「1年前の自分と比較アンケート」の調査を実施し、結果を発表しましたので、以下概要をご報告します。

<調査結果の概要> 
■社会人2年目にして約7割が「いずれは転職」と転職潜在層に
今の会社に対しての満足度を0%から25%刻みで聞いたところ、「75%」または「50%」と回答した人が72.9%と過半数を占める結果となり、今の会社には満足している様子が伺える。

しかし、この1年間で会社を辞めたいと思ったことがあるか聞いてみたところ、「よくある」「どちらかと言えばある」が61.7%と半数以上という結果になった。
それに関連して、転職願望の度合いを聞いてみたところ、すでに転職を経験した人も含め「いずれは(転職したい)」と回答している若手社員が7割以上いることがわかった。

採用担当者は、やっとの思いで採用した新卒に、入社2年目、3年目と成長したところで『会社を去られる』という現実に直面することになりそうだ。
 
■「理想の自分にはまだ近づいていない」が半数以上。
高い理想を持って入社 した若手社会人

入社時の想像と比べて仕事はおもしろいか聞いたところ、「おもしろい」「どちらかといえばおもしろい」が64.2%、入社時の想像と比べて人間関係はうまくいっているか聞いたところ、「うまくいっている」「どちらかといえばうまくいっている」が67.9%と、順風満帆ともとれる結果が並んだ。

しかし、入社時の想像と比べて理想の自分に近づいているか、の問いに対しては「どちらかと言えば近づいていない」「近づいていない」が57.1%と過半数を超えたことから、自分自身には満足していない若手社会人が多いことが見受けられた。

■キャリア志向度は1年で10%ダウン
「キャリア志向」か「プライベート重視」か、入社前と現在でそれぞれ聞いたところ、「キャリア志向」「どちらかといえばキャリア志向」が入社前は51.7%と半数を超えていたのに対し、現在は41.3%と約10%落ち込み、逆に「プライベート重視」派が約6割を超えた。

■アフター5、入社時の理想は「友人と食事」、現実は「すぐ家に帰る」
入社時はアフター5に何をしようと思っていたか(複数回答)、の問いに対し、1位が「友人と食事(51.7%)」、2位が「ショッピング(51.2%)」、3位が「スクールや習い事へ行く(43.8%)」、という結果になり、充実したアフター5を想像していたようだが、実際のところは、1位が「すぐ家に帰る(48.3%)」、2位が「忙しくて何もできない(32.9%)」、3位が「友人と食事をする(24.6%)」と、理想と現実に差が出る結果となった。

それに関連して、入社時の想像と比べてアフター5は充実しているか聞いたところ、「あまり充実していない」「充実していない」が60.8%という結果になっている。

【「1年前の自分と比較アンケート」調査概要】 
・調査方法/COBS ONLINE(社会人2年目正社員)にメールにてアンケートを送付、WEBから回答。
・調査期間/2007年5月9日(水)~5月14日(月)
・回答/社会人2年目正社員:240 (男性:104名、女性:136名)

※調査結果の詳細は「COBS ONLINE(http://cobs.jp)」*で公開しています。

*「COBS ONLINE」(コブスオンライン)は、若手ビジネスパーソンに向けて「今という流動的な時代を自分から楽しむビジネス力を身につける」ことを提案するメディアです。
会員数:約48万人(2007年度実績)