人材と出版の総合サービス企業、株式会社 毎日コミュニケーションズ<マイコミ>(社長:中川信行、本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1)は、従来の学生向け就職情報サイト「毎日就職ナビ」の名称を「マイナビ」と改め、2009年卒業予定の大学生・大学院生・短大生・専門学校生の会員登録受付を6月1日より開始いたします。

「マイナビ2009」(http://job.mynavi.jp)は、就職活動のノウハウや、インターンシップ、企業の事業紹介などの情報提供にとどまらず、無料適職診断や自己分析ワークブックなど、学生が就職活動を通じて自分を見つめ、成長するきっかけとなるコンテンツを多数取り揃えます。また、各地域に特化した情報を提供し、希望する地域での就職活動を応援する「エリアナビ」や、理系学生の学科系統ごとに情報ページをもつ「理系ナビ」を展開するなど、インターネットの普及で情報量が膨大になった就職活動において、学生がそれぞれのニーズにあった情報を効率よく発見できる工夫を多く取り入れます。

「マイナビ2009」は10月上旬にグランドオープン(企業採用情報公開・応募受付)を予定しています。なお、現在の4年生対象の「毎日就職ナビ2008」は、来年3月末まで情報提供していきます。

■ 新ロゴマーク


「マイナビ2009」の特徴

◆学生と企業、双方から高い信頼
就職情報サイトにおける12年の実績を持ち、会員数54万人(07卒サービス最終会員数)、掲載企業数7,000社(08卒サービス5月段階)双方から高い信頼を得ています。

◆便利な機能
興味をもった企業をブックマークしておくと、グランドオープン後にその企業が採用情報を公開するとお知らせメールが届く「ウォッチメール機能」付き。

◆キャリアデザイン形成の「キッカケ」 情報の提供
「企業研究」や「業界研究」という枠を超え、学生の身近な視点(身の回りの商品やサービス)を通じて企業の役割と仕事を知るキッカケを準備し、出会いの機会を創出する企画「マイナビ社会見学」を提供します。

◆インターンシップ情報の提供 (サービス提供期間 6月1日~9月20日予定)
「公募型インターンシップ告知サイト」としては最大級の情報量を誇り、昨年は150社のインターンシップ情報を掲載しました。