<マイコミ社会人×内定者レポート>
「『若手社員』と『新入社員』の仕事に関する意識アンケート」調査結果を発表
~会社への距離感の差はっきりと・入社後「愛社精神・帰属意識」は薄まる~



人材と出版の総合サービス企業、株式会社 毎日コミュニケーションズ<マイコミ>(社長:中川信行、本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1)が運営する入社4年以内若手社会人のキャリアとスキルをサポートするサイト「COBS ONLINE(コブスオンライン)」(http://cobs.jp)と内定者のための社会人準備応援サイト「毎日フレッシャーズ」(http://freshers.mycom.co.jp)では、同サイトの会員を対象とした「仕事に関する意識アンケート」調査結果を発表しましたので、以下概要をご報告します。

<調査結果の概要> 

■「愛社精神」に大きな差。入社後数年で会社への愛着・帰属意識は低く

会社(今の会社、または入社する会社)に対して愛社精神はあるかを聞いてみたところ、新入社員は「非常にある」「まああると思う」で78.7%と、入社前にも関わらず、入社する会社への思いが高まっていることに対し、若手社員は「あまりないと思う」「まったくないと思う」が54.4%と半数を超えたことから、新入社員に比べ、若手社員の愛社精神が大きく低下していることがわかった。関連して、定年まで1つの会社で働きたいと思うか、の問いに対して、新入社員の場合「非常にそう思う」「まあそう思う」で65.3%と、1つの会社で働き続けたい“安定志向”に対し、若手社員の場合「あまりそう思わない」「まったくそう思わない」が7割近くになり、こちらも若手社員と新入社員に大きな差が出た。

■転勤や残業、新入社員は「素直に従う」、若手社会人は「なんらかの働きかけをする」

知らない土地への転勤・異動が急に命じられた場合どうすると思うか、の問いに対し、新入社員・若手社員ともに「仕事だから素直に従うと思う」がもっとも多いが(新入社員72.7%、若手社員43.9%)、若手社員の場合、「転勤・異動を取り消してもらうよう働きかけると思う」「転職を考えると思う」がともに約25%、「会社を辞めると思う」は6.7%と、異動・転勤に対して抵抗を試みる回答にも票が集まった。
 また、大切な予定が入っているのに、残業を命じられたらどうするか、の問いに対しても、新入社員の場合「内心はイヤだけど、表面上は素直に従うと思う」が58.7%ともっとも多いが、若手社員の場合「予定が入っていることを伝え、残業しなくてもいいように交渉すると思う」が43.5%ともっとも多い結果となった。

■新入社員の理想の先輩像:1.「誠実」2.「笑顔」3.「しっかり者」、若手社員の理想の後輩像:1.「謙虚」2.「前向き」3.「素直」

新入社員が求める理想の先輩像(3つまで選択)は「誠実な人」が25.3%ともっとも多く、次いで「いつも笑顔を絶やさない人(21.3%)」、「しっかりしている人(21.0%)」、「リーダーシップのある人(19.7%)」、「決断力のある人(18.3%)」となり、若手社員が求める理想の後輩像(3つまで選択)は、トップが「謙虚な人(36.0%)」、次いで「前向きな人(30.5%)」、「素直な人(29.7%)」、「挨拶ができる人(21.3%)」、「いつも笑顔を絶やさない人(18.0%)」という結果になった。