<マイコミ社会人レポート>

毎日コミュニケーションズ、「キャリア・転職に関するアンケート」調査結果を発表
~転職するなら30歳まで・「後ろめたい感覚」なし・「仕事のやりがい」を優先~


人材と出版の総合サービス会社、株式会社毎日コミュニケーションズ(社長:中川信行、本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1)が運営する若手社会人のキャリアとスキルをサポートするサイト「COBS ONLINE(コブスオンライン)」(http://cobs.jp/)では、同サイトの会員を対象とした「キャリア・転職に関するアンケート」調査結果を発表しましたので、以下概要をご報告します。

<調査結果の概要> 
■転職するなら30歳まで、「後ろめたい感覚」なし、仕事には「やりがいを」が半数
「転職するならいつ頃したいか」の問いに対し、「30歳まで」が40.5%ともっとも多い結果となった。回答の中には、「今すぐ(21.9%)」、「いい話があったら(22.4%)」という声も多く挙げられ、同時に「転職に関して後ろめたい感覚があるか」との問いに対しては、「あまりない」が38.0%、「全くない」が16.1%という結果となった。転職することに抵抗の少ない現代の若手ビジネスパーソン像が伺える。

「給料と仕事のやりがいのどちらを優先するか」の問いに関しては、「どちらかというと仕事のやりがい(43.4%)」、「仕事のやりがい(7.3%)」と給料よりもやりがいを求めるという回答が半数以上となった。

■10年後の年収、理想は500万、現実は300万
10年後の理想の年収を聞いたところ、「500万」が21.5%ともっとも多く、次いで「400万(21.0%)」、「600万(16.6%)」という結果になった。「10年後の年収は、現実的にどれくらいになっていると思うか」の問いに対しては、「300万」が27.3%ともっとも多く、次いで「400万(21.9%)」、「500万(21.0%)」と、理想と現実の間に200万円近くの差が見られた。

また、現在の年収をたずねたところ、「300万(45.4%)」と答えた人がもっとも多く、「200万(35.6%)」、「400万(12.7%)」と続いた。さらに、現在の給与へ満足度は、「やや不満(38.5%)」、「非常に不満(18.1%)」という結果になった。

■「ホワイトカラー・エグゼンプション」、約6割が反対、「知らない」が23.4%
先日法案提出を見送られた、「ホワイトカラー・エグゼンプション」について、「やや反対」が26.3%、「非常に反対」が34.1%と、導入を不要とする意見が目立つ中、「ホワイトカラー・エグゼンプション制度を知らない」という回答が23.4%にも上った。

「2007年度 キャリア・転職に関するアンケート」調査概要】 
・調査方法/COBS ONLINE会員にメールにてアンケートを送付、WEBから回答。
・調査期間/2007年1月17日(水)~1月22日(月)
・回答/205件 (年齢:23歳~25歳・雇用形態:正社員)
※調査結果の詳細は「COBS ONLINE」*(http://cobs.jp/pr/)で公開しています。

*「COBS ONLINE」(コブスオンライン)は、若手ビジネスパーソンに向けて「今という流動的な時代を自分から楽しむビジネス力を身につける」ことを提案するメディアです。
会員数:約45万人(2006年度実績)