<マイコミ内定者レポート>


毎日コミュニケーションズ、「内定式に関するアンケート」調査結果を発表
~内定式満足度“高”、「社会人への自覚芽生える」が過半数越える~


人材と出版の総合サービス会社、株式会社毎日コミュニケーションズ(社長:中川信行、本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1)が運営する内定者のための社会人準備応援サイト「毎日フレッシャーズ」(http://freshers.mycom.co.jp/)では、2007年4月入社予定の内定者を対象とした「内定式に関するアンケート」調査結果を発表しましたので、以下概要をご報告します。


<調査結果の概要> 
■内定式への満足度は高く、内定式出席者の約9割が「満足」
内定式に参加した学生622名の「内定式満足」は、「とても満足している」が20.4%、「まあまあ満足している」が69.0%となり、約9割の学生が満足であったとしている。内定式に参加した感想でも、(以下、複数回答)「社会人になるという実感がわいた」55.5%、「内定企業が好きになった」27.8%、「ぜひこの企業で働きたいと改めて思った」26.8%と前向きな回答が多く、入社前の重要な通過儀礼であったことがうかがえる。一方で、少数ではあるが、「社会人としてやっていけるか不安になった」15.7%、「内定者とのコミュニケーションが不安になった」14.6%と、社会に出て行く現実に不安を抱く声も聞こえる。


■内定者同士のコミュニケーションの主なツールとしてSNSが上位に
内定者同士のコミュニケーションツールとしては、「個人的にメールや電話」32.6%、「ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)」22.2%が上位となり、今や若者には欠かせないサービスとなっているSNSが目立つ格好となった。ついで「企業が用意した社内コミュニティ」10.8%、「企業が用意したメーリングリスト」3.3%と内定者同士のコミュニケーションを促すために企業側が用意したものが続いた。


■内定式のプログラムは「懇親会」「内定書授与」「幹部の挨拶」が定番、研修的内容は少数
内定式のプログラムでは、(以下、複数回答)「内定者懇親会(食事会)」73.0%、「内定書の授与」68.6%、「人事部長等の挨拶」68.7%、「社長・取締役等の挨拶」54.0%が上位を占め、『式』としての色合いが強く見受けられる。数年前の就職氷河期時代に多く見られた研修的プログラムである「業務内容等の説明」17.9%や「語学テスト」5.6%などは、現在は少数派となっている。


■今年の内定式集中日は10月2日(月)
2007年3月卒の新卒学生向け内定式が各企業で行われているが、1日が日曜日であった本年度の集中日は10月2日(月)で、全体の57.1%に上った。


【「2006年度 内定式に関するアンケート」調査概要】 
・調査方法
毎日フレッシャーズ会員である内定者を対象にメールにてアンケートを送付、WEBから回答。
・調査期間/2006年10月19日(木)~11月3日(金)
・回答/694件(男性:193人、女性:501人)
・備考/2004年から毎年実施。
※調査結果の詳細は「毎日フレッシャーズ」*(http://freshers.mycom.co.jp/)で公開しています。