毎日コミュニケーションズ、7月度学生モニターアンケート結果を発表
「就職活動を漢字1文字で表すと」調査結果 1位は『楽』
~売り手市場化した学生の楽観傾向が一層明らかに~


日本最大級の就職情報サイト「毎日就職ナビ」を運営する株式会社毎日コミュニケーションズ(社長:中川信行、本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1)は8月、2007年卒業予定の全国大学4年生及び大学院2年生の学生モニター2,890名を対象に、「あなたの就職活動を漢字1文字で表すと?」という調査をインターネット上で実施し、うち1,182人からの有効回答を得ました。


回答で最も多かったのは『楽』(5.33%)で、文系・理系、男女別全てにおいてトップとなりました。「活動自体を楽しめた。また思っていたより楽に終わった」という声に代表されるように、2007年卒の就職活動は景気回復を受けた企業の高い採用意欲から売り手市場と言われ、7月末時点の内々定保有率は88.1%(毎日コミュニケーションズ調べ)と4年連続で上昇しており、特に文系女子は90.1%と飛躍的な伸びを見せました。また学生の企業へのエントリー数減少や大手志向の上昇など、例年にない楽観傾向が見られました。


2位は『迷』(3.98%)。「自分のやりたいことが何なのかわからなかった」という、就職活動を自分を見つめなおす機会ととらえる声がある一方で、「2社の内々定のどちらを選ぶか迷った」という声も。3位は『動』(3.16%)。学生の積極的な奔走振りが表れる結果となりました。


本年度とは対照的に、就職氷河期といわれた5年前の2001年の調査では、トップは『苦』(6.42%)、次いで『耐』(5.14%)、3位は忍(4.71%)。「肉体的にも精神的にも、つらかった」「希望の会社に受かるまで耐えた」といった声が多く挙がっており、新卒採用環境の変化が顕著に伺えます。なお、本アンケートは2000年度から実施しています。



2006年BEST10
1位:楽 (5.33%)   2位:迷 (3.98%)  3位:動 (3.16%)
4位:縁 (2.62%)  4位:苦 (2.62%)  6位:知 (2.53%)
7位:笑 (2.26%)  7位:悩 (2.26%)  9位:考 (2.17%)
9位:忍 (2.17%)


【調査概要】
調査対象:全国4年制大学生、大学院生(2007年卒予定)
有効回答数:1,182名
(内訳)
文系男子:234名、理系男子:245名
文系女子:423名、理系女子:280名
調査方法:インターネット調査
調査期間:2006年7月31日~8日7日



2001年BEST10
1位:苦 (6.42%)  2位:耐 (5.14%)  3位:忍 (4.71%)
4位:学 (4.42%)  5位:縁 (4.28%)  6位:楽 (3.99%)
7位:己 (3.85%)  8位:運 (2.28%)  9位:人 (1.71%)
10位:難 (1.57%)


【調査概要】
調査対象:全国4年制大学生(2002年卒予定)
有効回答数:726名
(内訳)
文系男子:161名、理系男子:103名
文系女子:356名、理系女子:106名
調査方法:インターネット調査
調査期間:2001年8月1日~8日7日


※調査結果の詳細は『採用サポネット』
http://navi.mycom.co.jp/saponet/)で公開しています。