2年後に卒業する学生向け就職サイトが、いちはやくプレオープン
「毎日就職ナビ2008」6月1日よりサービス開始
~夏休みのインターンシップ情報など就活早期準備をサポート~


日本最大級の就職情報サイト「毎日就職ナビ」を運営する株式会社毎日コミュニケーションズ(社長:中川信行、本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1)は、2008年卒業予定の大学3年生・大学院1年生、短大・専門学生を対象とした、「毎日就職ナビ2008」を6月1日よりプレオープンし、今秋より就職活動を本格開始する学生に情報提供を行っていきます。


2008年度卒の採用環境として、昨年からの企業の高い採用意欲は継続すると見られ、学生にとっては売り手市場とも言える状況のなか、大手企業に対する志望度が増加する傾向があります。現在も2007年度卒の学生が就職活動を行う中、さらに2008年度卒の就職活動も同時に動き始めることになります。


今秋から本格化する2008年度卒の就職活動を前にしたこの時期に、「毎日就職ナビ2008」では自己分析や業界・職種・企業研究をはじめ、筆記試験対策などのコンテンツを満載し、学生に役立つ情報を届けます。特に、博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ、バンダイ、テレビ朝日、リーマン・ブラザーズ証券会社(昨年実績117社)など、夏休みにインターンシップを経験したいという学生に向けて充実した情報を公開していきます。


「毎日就職ナビ2008」は10月上旬にグランドオープンを予定しています。なお、現在の4年生対象の「毎日就職ナビ2007」を並行して来年3月末まで運営していきます。


(「毎日就職ナビ2008」の特長)
◆充実の就職活動準備系コンテンツ
最大級の情報量を持つ「インターンシップとれたて情報」や、自分自身を知り適性のある職種を診断できる「適職診断MATCH」、練習問題や全国一斉のWeb模試などで筆記試験対策ができる「SPI+一 般常識 完全突破塾」などの役立つコンテンツを提供。
◆便利な機能
気になる企業にブックマークをしておくと、秋の採用情報の公開と同時にメールでお知らせする「ブックマーク機能」付き。
◆学生と企業、双方から高い信頼
就職情報事業における33年の実績を持ち、会員数50万人、掲載企業数と5,500社(07卒実績)と学生と企業双方から高い信頼を得ています。