~社会人基礎力を身につける有効な手段の1位は「年長者との交流を持つ」~

人材と出版の総合サービス企業、株式会社 毎日コミュニケーションズ(社長:中川信行、本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1)は、同社が運営する20代の若手社会人のキャリアとスキルをサポートするサイト「COBS ONLINE(コブスオンライン)」(http://cobs.jp)にて、同サイトの会員である24-29歳の男女454名を対象に、「社会人基礎力に関するアンケート調査」を実施しました。

  

社会人基礎力とは、経済産業省が定義する職場や地域社会で働く上で必要な力のことで、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力12要素から構成されるものです。今回の調査は、マイコミが、社会人基礎力に関する若手社会人の意識を把握することを目的に実施しました。調査結果の概要および全体傾向の総括は以下の通りです。


<調査結果の概要>
■ 「社会人基礎力」の認知度は3.5%。「なんとなく聞いたことがある」を含めても
 半数以下

「社会人基礎力という言葉をご存知でしたか?」という問いに対し、「知っていた」と回答した人は3.5%で、「なんとなく聞いたことがある」(38.8%)を含めても、全体の半数以下という結果になった。経済産業省が推し進める「社会人基礎力」自体の理解度・認知度は未だ低いといえる。


■ 社会人として働く上での『強み』:1.「規律性」2.「傾聴力」3.「状況把握力」
 社会人として働く上での『弱み』:1.「創造力」2.「発信力」3.「ストレスコントロール力」
「あなたは、社会人基礎力があると思いますか?」という問いに対し、「あると思う」「どちらかというとあると思う」が50.6%、「あまりないと思う」「全くないと思う」が49.4%と、ほぼ半数に分かれる結果となった。また、「社会人として働く上で、強みとしている能力」に関しては、「規律性」が44.5%と最も多く、ついで「傾聴力」(36.3%)、「状況把握力」(31.3%)という回答が上位を占めた。一方、「足りないと感じている能力」に関しては、「創造力」(42.1%)、「発信力」(35.0%)、「ストレスコントロール力」(33.3%)、「働きかけ力」(30.2%)という結果となった。これらの結果から、若手社会人は、既存の規則や周囲に調和する能力には自信があるものの、自ら主体的に行動する能力に不安を持っているという傾向があると思われる。


■ 働く上で最重要視している社会人基礎力は「主体性」がトップ。社会人基礎力の
 習得には「年長者との交流を持つ」との答えが最多

「社会人として働く上で、最も重要だと思う能力は?」との問いに、「主体性」と回答した人が22.9%と最も多く、「規律性」(12.8%)、「実行力」(12.1%)、「状況把握力」(10.1%)、「ストレスコントロール力」(10.1%)と続いた。そして「社会人基礎力を身につけるために効果的なこと」に関しては、「年長者との交流を持つ」(68.5%)、「友人を作る」(46.3%)など、人間関係を重視している傾向がうかがえる。中でも、年長者との交流を持つことが社会人基礎力を身につける一番効果的な手段と考えている若手社会人が多いという結果となった。


c2.jpgのサムネール画像
c3.jpg c1.jpg

「社会人基礎力に関するアンケート」調査概要
・【調査方法】/COBS ONLINE会員にメールにてアンケートを送付、WEBから回答。
・【調査期間】/2008年4月9日(水)~4月11日(金)
・【回答】/24歳~29歳まで男女:454件 (男性:93件、女性:361件)
※ 調査結果の詳細は「COBS ONLINE」(http://cobs.jp/pr/)で公開しています。
※「COBS ONLINE」(コブスオンライン)は、若手ビジネスパーソンに向けて「変化の時代を楽しむビジネス力を身につける」ことを提案するメディアです。
※ 会員数:約48万人(2008年度実績)